表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


毎日書道会主催 現代の書 新春展 会場スナップ


場所 ・ 開催日 …
 
場所 ・ 開催日 …
 
主催 …

 和光ホール (東京都 中央区 銀座 4丁目)
   2002年 (平成14年) 1月 5日(土) 〜 16日(水)
 東京セントラル美術館 ((東京都 中央区 銀座 2丁目)
   2002年 (平成14年) 1月 5日(土) 〜 13日(日)
 毎日新聞社  (財)毎日書道会

「 2002年 現代の書 新春展 」 へようこそ
 「現代の書 新春展」に足を運んだのは、1月10日(木)のことでした。 平日というのに、銀座は人でいっぱいでした。
 毎日書道展の最高峰作品を展示する「現代の書 新春展」は、22人展が16日まで(13、14日は休館)、選抜100人展が13日まで開催されているとあって、唯一上京のチャンスと思い、心がはやりました。
現代の書_新春展
 会場に入るなり大きな花のオブジェ。 大木をふんだんに使う花材の豪華さにまずは圧倒されました。
 地元の展覧会で、竹や花のオブジェを模索していた矢先でもあり、さすがにスケールの大きな花にビックリしました。
 作品は、それぞれの書ジャンルの一流が、それぞれの書芸術を生かした形で現代の書に真っ正面から取り組んでいることに意気込みをみせていただきました。
現代の書_新春展
それを強く感じさせる書展でした。 まさに墨の華という感じの多様さに目を奪われました。 パンフレットは、顔つきコメント付きの内容で親しみを感じさせ、図録はおそろしく内容に反比例した安さに脅威さえ覚えるほどでした。 さっそく購入し、みんなのおみやげにしました。
 この図録が、やはり帰ってからのみんなの注目を浴びることになったのは言うまでもありません。
馬一文字の表現を先生方の表現でいろいろ目にすることができ、いっそう楽しい図録になっています。 馬に関しては、かなりの表現方法が五体字類のように登場します。
また、100人展の出品者は、外部からの選考委員も交えた投票による出品者ということもあり、多様な個性が表出されていて見ていてもどんどんひきこまれていきました。
現代の書_新春展

先頭行へ先頭行へ

 この日はもう一つの出来事に常陸宮妃華子さまもまた鑑賞に訪れたことです。
 華子さまは午前10時、和光ホール6階会場に、服部禮次郎・和光会長、石井国範・毎日新聞社専務らが出迎える中、到着されました。 その後、毎日書道会監事の金子卓義先生の説明に熱心に耳を傾けながら、“書の春”の魅力を堪能されているご様子でした。
 さすがに新春の華にふさわしい華やかな展覧会でした。
現代の書_新春展
現代の書_新春展
現代の書_新春展 現代の書_新春展

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣    2007年 現代の書 新春展
                    ┣    2006年 現代の書 新春展 1 / 2
                    ┣    2005年 現代の書 新春展
                    ┣    2004年 現代の書 新春展
                    ┗  2002年 現代の書 新春展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ