表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


第50回記念 独立書展 会場スナップ


場所 ・ 開催日 …
 

 
主催 …

 東京都美術館  (東京都 台東区 上野公園)
   2002年 (平成14年) 1月 11日(金) 〜 17日(木)
 都立産業貿易センター 浜松町館
   2002年 (平成14年) 1月 10日(木) 〜 16日(水)
 (財) 独立書人団

「 第50回記念 独立書展 」 へようこそ

 独立書展は、毎年1月に上野の東京都美術館で開催されます。 所属会員・準会員に、会友・一般公募から厳しい審査を経て入選入賞された作品を加え、約 2,300点を展示する団最大の書展です。
 今年の独立書展は、一般公募を含め搬入作品数は 2442点、と昨年よりも多いそうです。 できるだけ大勢の作品を展示したいとの意向で、普通作品は大きさを 1.2メートル×1.2メートル以内に今年から限定しているそうです。 一字書、二字書などの迫力ある作品がいつも注目されていました。
 作品は、古典に立脚して展開した漢字少字数書・現代文体書・仮名などを中心とし、現代感覚を盛り込んだ造形意欲と熱情に溢れた作品ばかりでした。
 大字書、近代詩文などに交じって展示されている仮名作品も、独立書展らしく線の強さが感じられます。 なお同書人団の役員・新鋭作家選抜展も、近くの上野の森美術館で16日まで開催されていました。
 東京都美術館に行ったのは、1月11日の10時半頃だったでしょうか。 外は冬というのに小春日和で、こころなしかふわふわと歩いていきました。 
独立書人団主催 独立書展
左の背を向けているのは田宮文平氏、
左から2人目は北門書道会主幹の今泉良郎氏です。
独立書人団主催 独立書展 独立書人団主催 独立書展
青森県出身 飯村光明(特選)の作品 (中央)
独立書人団主催 独立書展

先頭行へ先頭行へ

 誰にも会うことはないだろうと思っていたら、思いがけない人物に遭遇!画面の中にいる人物です。 評論家の田宮文平氏も鑑賞をしておられました。 わたしはチケットを持っていなかったので窓口で券を買いました。
 一室は堂々とした作品が目に付きました。 線の重厚さ、勢いに目がいきました。 中でも柿沼こうじさんの作品は、黒の美しさ、深さ、激しさがありこころが惹かれました。 作品をみて、名前を確認しましたので、決して欲目でみたわけではありません。
独立書人団主催 独立書展独立書人団主催 独立書展
 文字の歴史を感じさせる形が変化をもってそれぞれが自己表現していました。
 わたしは青森県出身者の作品をさがしながら展示室をまわりました。
 やはり独創的なものは、それぞれの展示室で自己主張をするかのように、目に飛び込んできます。 墨の色の美しいもの、豪快なもの構成のおもしろいものなど、いくつかを写真にとってきました。
ここでは紹介できないのがすごく残念です。
なお、掲載作者の敬称は略させていただきました。
独立書人団主催 独立書展
独立書人団主催 独立書展
高橋素光
独立書人団主催 独立書展

先頭行へ先頭行へ

※ 題字は、展覧会のタイトル字から取らせていただきました。
ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣    2012年 第60回記念 独立書展 / 2012 独立選抜書展
                    ┣    2008年 第56回 独立書展
                    ┣    2006年 第54回 独立書展 / '06 独立書人団 新鋭作家選抜展
                    ┣    2005年 第53回 独立書展 / '05 独立書人団 新鋭作家選抜展
                    ┣    2004年 第52回 独立書展 / '04 独立書人団 役員展
                    ┗  2002年 第50回記念 独立書展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ