表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


第51回 書の前衛 奎星展 会場スナップ 代表:稲村雲洞


開催日 …
場所 …
主催 …

 2002年 (平成14年) 3月 7日(木) 〜 12日(火)
 東京都美術館  (東京都 台東区 上野公園)
 奎星会  (代表 稲村雲洞)

「 第51回 奎星展 」 へようこそ
 奎星とは、「奎星韻曲の勢いを察し」という句からくるそうです。
文字を作ったといわれる蒼頡(そうけつ)のことを書いた句だそうで、奎星とは文を司る星のことだそうです。
また文運はつねに変貌する意味もあり、新しいという意味も含んでいるようです。

 奎星会は昭和15年に上田桑鳩氏が発足。 その後宇野雪村氏が引継ぎ、現在は稲村雲洞氏が会長を務め、昨年で創立60周年を迎えた由緒ある書道会です。

 前衛書部、創作部、臨書部門にわかれていて、個々の主張が明確で楽しい、というのが第一印象でした。
「文字という約束の上に、約束を超えた美が生まれる」という宇野雪村氏のことばがパンフレットの中で、一段と魅力的に見えました。

奎星展

奎星展
絵画的で可読性の無い抽象も随所にみられましたが、
わたしにはこれがすごく新鮮でたのしいものでした。
ひとによって造形はいろんな表出をするようで、その意外性が魅力ですね。
着色したり、躍動したり、作品が生きているようにみえました。
作品もさわやかに間隔をもって、それぞれを威圧せず静かに鎮座していました。
ひとつひとつはものすごいエネルギーがあるのに、喧嘩しない展示で安心してみることができました。
感動してひとやすみしたら、もうひとつパンフレットの表紙には「自分なりに感じた想いを自分らしく表現してください」という言葉が載っていました。


奎星展

先頭行へ先頭行へ

すてきなパンフレットだと思いました。
丁寧な展示をしていることに、共鳴しました。
奎星展

奎星展 奎星展

先頭行へ先頭行へ

※ おことわり   題字は、展覧会の案内ハガキから取らせていただきました。
ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣    2009年 第58回 奎星展
                    ┣    2006年 第55回記念 奎星展 / 奎星会 創立65周年記念 拓本を中心とする 龍門石窟展
                    ┣    2005年 第54回 奎星展
                    ┣    2004年 第53回 奎星展
                    ┣    2003年 第52回 奎星展 / 奎星選抜 100人書展
                    ┗  2002年 第51回 奎星展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ