表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


第34回 日展 会場スナップ


開催日 …
場所 …
主催 …

 2002年 (平成14年) 11月 2日(土) 〜 24日(日)
 東京都美術館
 社団法人 日展

「 第34回 日展 」 へようこそ

 11月 3日(日) 晴れ。 どうも東京はポカポカの陽天気だ。
とにかくホテルを出る。 外の方がよっぽど快適だったからだ。
入念に計画を立て、一日で 6つくらいは展覧会を見れるのでは?という
勢いでホテルを出た。
ホテル巡りも楽しみの一つなので、次の宿に向かう。
とにかく荷物を預けて、場所を確認するつもりだった。
大井町駅徒歩 1分 「アワーズイン阪急」 がこの日の宿。
急いで電車に乗った。 駅を出て、はて?と立ち止まる。
徒歩1分というが、なかなか着かなかったからだ。
ホテルらしき建物の影も形もない!
ひっきりなしに往来する車、人影もない。
おそらくここはビルの真っ只中だ。
おもむろにホテルに電話をする。 「目印になる建物は?」と聞かれ、
返答に困る。 「いま地下鉄を出たところです。」
「地下鉄の駅はこの近くにはありません。 大手町の間違いではありませんか?」と聞かれギョッとした。
確かに大手町の駅にいたからだ。 …そうだった。 ホテルは「大井町」。
とんだ手違いだ。
あわてて引き返す。 電車を乗り継ぐ。 行き着いたホテルは、前日とは全く異なった近代的なホテルだった。 全室シングル。 トイレは全室ウォシュレット。 16階に展望大浴場がある! なかなか快適である!
前日とは大違いだ! 感動を持って、ホテルを後にする。



   日展 - 会場入口
会場入口



日展 - 会場風景
唯一、撮れた 会場風景

 気が着くとかなりのタイムロスだった。 日展会場に着いたのは、その日の午後。
上野公園はたくさんの人で賑わっていた。 そう言えば、その日は日曜日、混雑してて当然と言えば当然。
ピカソ展も初日らしい。 行列が見えた。 東京都美術館にも狩野探幽が来ているらしい。 日展ばかりではない。
展覧会の目白押しだ。 しっかし、暑い日だ。 気温はかなり高そうだ。 それなのに、雪国から登場したわたしは
皮のジャンバーだ。 しきりに汗をかく。 荷物をすべてロッカーに入れた。

 日展会場に入ってすぐに展示室と作家の名前を確認する。 掲示板に一目で分かるように名前が載っていたので、
確認しやすく見やすかった。 カメラを構えたが、写真撮影は禁止の掲示が見えた。
入り口と 2階の踊り場で係員に聞いたら、新聞記者と思ったのか、「会場風景なら一枚はいい」という許可をもらった。
気にしながら撮ったので、ひどい写真になった。 作品を紹介できず、残念である。 多字数の作品があいかわらず多い。
かな作品も目立つ。 少字数もあるが、やはり練度だな?と強く感じた。 線の練度が高かった。
 心に残った作品は 「朝を愛す」(村寄鴨畦)。 余白が美しく広がって見えた。 リズムが無いようである。
なんか名前に親しみを覚える。 はやり無意識にだが近代詩に目がいく。 素材というか、題材に注目してしまう。
好い言葉にはついつい見入ってしまう。 そして、…なんとなく。 「リズムだな」、ということを感じた。
余白に響くリズムを目標にしてみようと思った。 全ての書体に共通していたからだ。
展示そのものは、工芸や彫刻のほうがおもしろく感じた。 日本画もまた格別に癒される。
いろんなジャンルの集合体であるせいか、実に見ごたえを感じた。 久々に楽しかったー。

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┗  第34回 日展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ