表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


第32回 溪心展 会場スナップ


開催日 …
場所 …

主催 …

 2002年 (平成14年) 11月 8日(金) 〜 10日(日)
 中三 弘前店 8階 スペースアストロ
  (青森県 弘前市 土手町 49-1)
 溪心書道会  (会長 田澤溪石)

「 第32回 溪心展 」 へようこそ

 第32回 溪心展は、もっとも衝撃的な幕開けになった。
会長の田澤溪石先生が病気で急逝された。 11月 5日の夕方だった。 午後 4時に連絡が入った。 しかし呆然とし、しばらくは涙が
止まらなかった。
 作品制作に大きな影響を受けた先生だったからである。 先生との思い出は尽きない。 その分悲しい。 未だに死の知らせは何かの間違いではないかと思っている。
 先生は病床で作品を書いた。 へやを借りて書いたらしい。
「作家は常に新作を出す」という理念の持ち主だった。 だから、きっと一念で書いたのだろう。 苦しみの中から、何処から力が出てきたのだろう。 絶筆となった。

 その作品が表具を施され、展示室を飾った。
金子鴎亭先生の俳句である。 くしくも金子先生の逝った命日に
時間を合わせるかのように、先生も逝った。
一周忌に捧げて、みんなが思い思いの句を選んで書いていた。
毎日展のときの出品作品はライトアップされて浮き上がっていた。
会員も多く、たくさんの作品が会場を占めていた。 11月 8日から10日まで、先生の絶筆となった作品が展示された。
先生を偲ぶ方々が、たくさん先生の作品を見るためにやってきたことだろう。
大作から小品まで、エネルギッシュが会の持ち味である。 大胆な華、可憐な花、華があるだけで、癒される空間がある。 こころ配りがうれしい。
先生の不在。 未だかつてなかった。 いつも先生はそこにいた。
昨年は席上揮毫していたのに…と思うと本当に残念である。
しばらく会場で先生を偲びながら、ボーッとなった。

 掲載作者の敬称は略させていただきました。




溪心展 - 会場風景
会場風景               .



溪心展 - 田澤溪石
絶筆  田澤溪石    .



溪心展 - 田澤溪石
田澤溪石              .

先頭行へ先頭行へ

溪心展 - 工藤溪舟
工藤溪舟
溪心展 - 工藤溪舟
工藤溪舟
溪心展 - 工藤夕谿
工藤夕谿


溪心展 - 石井和溪
石井和溪
溪心展 - 大内峨石
大内峨石
溪心展 - 大内青霞
大内青霞

先頭行へ先頭行へ

溪心展 - 和田幽芳
和田幽芳
溪心展 - 三上石鳳
三上石鳳
溪心展 - 三上石鳳
三上石鳳



溪心展 - 会場風景  会場風景

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣    2013年 第43回 溪心展 / 刻字第17回 溪聲展
                    ┣    2012年 第42回 溪心展 / 刻字第16回 溪聲展
                    ┣    2010年 第40回記念 溪心展
                    ┣    2009年 第39回 溪心展
                    ┣    2008年 第38回 溪心展
                    ┣    2007年 第37回 溪心展
                    ┣    2006年 第36回 溪心展
                    ┣    2005年 第35回 溪心展
                    ┣    2004年 第34回 溪心展 / 田澤溪石 遺墨展
                    ┣    2003年 第33回 溪心展
                    ┣  2002年 第32回 溪心展
                    ┗    2001年 第31回 溪心展 / 田澤渓石 PARTV 現代書展 2001


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ