表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


書の三人展 工藤和洋・三上将義・村井正佳


開催日 …
場所 …
主催 …

 2002年 (平成14年) 12月 17日(火) 〜 23日(月)
 上土手スクエア 2階 (青森県 弘前市)
 工藤和洋、 三上将義、 村井正佳

「 書の三人展 −工藤和洋・三上将義・村井正佳による− 」 へようこそ

 三人は、わたしが青森県立弘前高校に赴任したときの最初の生徒たちである。
いずれもまじめな?書道の授業を受講した初々しい青年であった。

 その生徒たちも高校を卒業し、大学でもまた指導できるという幸運に恵まれ、さらに彼らは卒業後も 2年間は大学院などのため近くにいたため、さらに時間を共有しともに活動した。 そんな彼らも 4月からは社会人である。 その出発の門出に記念展をやろうと思った。 おそらくこの思い出が彼らを大きくし、彼らはさらなる自覚をもって創造の糸口を模索していくような気がした。 だから、未熟ではあるが思いきって企画に踏み切った。

 もうひとつのきっかけ。 上土手に新しい展示スペースが誕生した。 そのためわたしに個展を勧めてくれた人がいた。うれしい話だったが、大学にも近く、オープン価格のため無料でというご好意だったので、このチャンスは学生に与えてあげたいと心から思った。 わたしの話に素直に乗ってくれた学生たちにお礼を言いたい。

 また、年末のさし迫った忙しい時期に、わざわざ足を運んでいただいた、たくさんの方々に、感謝の気持ちで一杯です。 つたない作品ではありますが、作品の一部をご紹介いたします。  (鎌田舜英)


書の三人展 - 会場風景 ← 会場風景 →

書の三人展 - 会場風景

先頭行へ先頭行へ


工藤和洋

工藤和洋_近影

  生年月日 : 昭和 54年 2月 1日
  生まれた場所 : 青森県 板柳町
  書道以外の趣味・特技 : 音楽鑑賞、車の運転、Eメール、電話
  一番大事なもの : 生命、エネルギー
  座右の銘 : 七転八起

書の三人展 - 工藤和洋 書の三人展 - 工藤和洋 書の三人展 - 工藤和洋

  〔 展覧会を終えて 〕

 今回は、三上、村井、工藤による三人展に多数の皆様方のご来場、ご声援を賜りましたこと、心より感謝申し上げます。 我々三人は、弘大書道クラブで 6年間共に過ごして参りましたが、いつか何十年後かには三人で展覧会でも開けたらいいねと、夢を語り合ったものでした。 我々が夢を語り合うとき、その内容は往々にして誇大性を帯びたものとなり、楽しい思い出として蘇って参ります。 果たして、次回の三人展は何年後で、その時、それぞれどのような立場にあるのでしょうか。 次回を夢見ながら、また新たな一歩を踏み出し、精進に励まなくてはならぬと痛感致しております。 4月からは就職もあり、両立が求められています。

 今回応援して下さった友人、知人、先生方に改めてお礼申し上げます。 今後ともご指導のほどよろしくお願い致します。  (工藤和洋 記)

先頭行へ先頭行へ


三上将義

三上将義_近影

  生年月日 : 昭和 54年 3月 7日(水)
  生まれた場所 : 青森県 弘前市 笹森町 田沢医院
  趣味 : 地元の食事の美味しい所の検索と調査
  特技 : ペン回し(学生が問題を解きながらペンを回す動作)でペン3本を同時に回せる!!
  一番大切なもの : 想い出
  尊敬する人 : 何事にも全力で命を懸けて頑張っている人
  愛読書 : ふぃ〜ら〜 (地元の情報誌)
  座右の銘 : 不可能を可能にする 

書の三人展 - 三上将義 書の三人展 - 三上将義 書の三人展 - 三上将義

  〔 展覧会を終えて 〕

 11月下旬、僕達三人がメインの「書の三人展」の企画を我らが師鎌田舜英先生から持ち込まれた。 僕達三人の卒業、就職の門出を祝い先生が計画してくれたのである。 急な話だし期間も少ないので無理かもと考えたが、この時期に三人展をやる事の重大さ、そして将来の事を考えて三人で相談し、ぜひやろうと決めた。 三人展までの成り行き等は誰かが書きそうだから会期中に感じた事を述べてみたい。

 まず予想通り会場訪問者は北門書道関係者が中心となった。 総務を始め沢山の会員の方々が見に来てくれ本当に嬉しかった!また予想外だったのが結構書道関係者でもない一般の来場者の方が多かった事である。 僕達の三人展は単に書道の作品を飾っただけの書道展とは違い出品作品一つ一つに工夫をし、ライトアップもし、表具も手作業で従来の書道展のイメージを覆したつもりだ。 勿論まだまだ足りないが短時間にしてはまあまあではないだろうか。 また三人の関係者も親戚を始め中学時代の先生など沢山来てくれた。

 来場者の声は、若々しくて楽しいという意見が多く三人展を開いて良かったと思った。 また意外にも作品の売れ行きが激しく驚いた。 買って下さった皆様、本当にありがとうございました。 反省点も沢山あり数えきれないが、今は若さで許して頂きたい。

 今後三人とも別々な道を歩むが、この思い出を胸に社会でも頑張っていきたい。 工藤君、村井君ありがとう。

そして、この三人展を計画して下さった鎌田舜英先生本当にありがとうございました。  (三上将義 記)

先頭行へ先頭行へ


村井正佳

村井正佳_近影

  生年月日 : 昭和 54年 1月 10日 午後 8時 25分
  産まれた場所 : 弘前市 植田町 吉田産婦人科
  趣味 : テレビで相撲をみること。バッティングセンター。
  特技 : 卓球。 腕相撲(同じ体重ぐらいの人には負けた記憶がない)。 ボーリング (max 192)。
  一番大事な人 : 恋人
  尊敬する人 : 今までお世話になった数学の先生。
  愛読書 : シャーロックホームズシリーズ(テレビのも◯)等、推理小説(島田壮司は長かった)。
         北斗の拳(最高です!)。あいだみつを(癒してくれます)。
  座右の銘 : 継往開来(先人の知恵を受け継いで、新しく道を切り開いていくということ)

書の三人展 - 村井正佳 書の三人展 - 村井正佳 書の三人展 - 村井正佳

  〔 展覧会を終えて 〕

 三人展で過ごした夢のような一週間からもう既に一ヶ月が経とうとしている。 私はあまりにも早い目標の実現にようやっと実感がわき、あれが夢ではなかったのだと写真を見ながら確認する。 師である鎌田舜英先生には本当にどれだけ感謝しても、し足りないものがある。 何たって若輩者である我等を書道展の実現まで引き上げてくれたのだから。

 今こうして振り返り、私が一番強く感じたことは、自分がどれだけ多くの人に支えられていたかということだ。 鎌田先生の力添えは勿論のこと、三人の協力も欠かせないものだった。 作品造りの時には家族も積極的に手伝ってくれたし、町内の人は作品運搬用の軽トラックを快く貸してくれた。 大学院の同期、後輩は修士論文の忙しいなか知恵を貸し、恋人は論文、塾の仕事、作品造りで悩む自分の心の支えとなってくれた。 無論、書道展期間にはいつも目をかけてくださる北門の先生方、家族の友人や知人、ラジオやチラシで駆け付けてくれた方々が激励や助言、感動や感嘆を私たちに伝えてくれた。 これがどんなに心をうったことか。 書道をやっていて本当に良かった。

 この歳で、このような経験をできた私は本当に幸せものだと思う。  (村井正佳 記)

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                   ┣ 2011年    鎌田舜英 特別展
                   ┣ 2006年    男若手三人書展 (服部龍太, 三上石鳳, 池田憲亮)_1 2
                   ┗ 2002年  書の三人展 −工藤和洋・三上将義・村井正佳による−


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ