表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


第52回 書の前衛 奎星展、奎星選抜100人書展 会場スナップ 代表:稲村雲洞


開催日 …
場所 …

主催 …

 2003年 (平成15年) 3月 7日(金) 〜 12日(水)
 東京都美術館    〔 第52回 奎星展 〕
 上野の森美術館  〔 奎星選抜 100人書展 〕
 奎星会 (代表 稲村雲洞)

「 第52回 奎星展 / 奎星選抜100人書展 」 へようこそ

朝からすがすがしい晴天に恵まれ、上野公園を気持ちよく歩いた。 前日の雨はうそのように晴れていて、風もなく穏やかな朝だった。 人手はどんどん多くなっているように見えた。
昨日とはうって変わり、鳩が群がって餌を待っていた。 ホームレスのテントらしき青いビニールも山がいくつもあった。 皆人は同じ方向に移動していた。 皆?展覧会?どうやらだいたいは「ベルサイユ展」の鑑賞者である。 何列にも並んで、どんどんその列は長くなっていった。 奎星展はその列の前にある。

会場はそれほど混み合ってはいなかったが、斬新な作品でいっぱいだった。 陳列にも余裕があるせいか、圧迫感がなく自然に作品に見入ることができる。 前衛作品が特に目を引いた。
書くというよりも描くという表現、その手法が非常に興味深い。
あるときは刻む、焼いたり、塗ったりもする。 絵の具のような素材もある。
風変わりな作品が、すこぶる興味深かった。 「桃太郎」さんという人がいた。 名前も印象深いが、作品も楽しい。
意識と意欲が果敢で刺激を感じる。
選抜100人展にも出品していたが、反戦を訴えるメッセージまでが、おしゃれに入っていた。 油絵を見るようなモダンさがあった。 緻密なもの、大胆なもの、領域の広いもの、すべての表現を包括するような作品の数々に、いろんな思いを載せながら鑑賞した。

上野の森美術館には、選抜の100人展も併催。 貴重な文物や貨幣、印など作品の合間に鑑賞することもできた。
空調の下でたちどまる男性がいた。 前衛の作品の前だったので、音までもが演出に聞こえた、と言っていた。
文字ではない何かを形にするのは、簡単なようで難しいと思う。
でも、何かを訴えるような主張を作品はしていた。
作品からにじみ出る感性と広がりを、大事にしたいと思った。

奎星展 - 素材や紙に工夫が感じられて斬新に見えました
素材や紙に工夫が感じられて斬新に見えました
奎星展 - 会場風景
奎星選抜100人書展 会場風景


奎星展 - 受賞作品から
受賞作品から


奎星展 - 絵画のようでビックリしました
絵画のようでビックリしました


奎星展 - 貴重な文房四宝
貴重な文房四宝等が展示されていました

先頭行へ先頭行へ

奎星展 - 構図と色彩感にひかれました
構図と色彩感にひかれました
奎星展 - 余白の取り方が大胆
余白の取り方が大胆で興味深く鑑賞しました


奎星展
点描のように「無」という字で
構成されていました(左下)

奎星展
「NOWAR」 というメッセージが
作品の中でアクセントになっていました
「奎星選抜100人書展」 より
奎星展 - 大胆な表現
大胆な表現にひかれました
「奎星選抜100人書展」 より

先頭行へ先頭行へ

※ おことわり   題字は、展覧会の案内ハガキから取らせていただきました。
ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣    2009年 第58回 奎星展
                    ┣    2006年 第55回記念 奎星展 / 奎星会 創立65周年記念 拓本を中心とする 龍門石窟展
                    ┣    2005年 第54回 奎星展
                    ┣    2004年 第53回 奎星展
                    ┣  2003年 第52回 奎星展 / 奎星選抜 100人書展
                    ┗    2002年 第51回 奎星展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ