表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


近代詩文書作家協会 主催 詩歌と書の世界 会場スナップ


開催日 …
場所 …

主催 …

 2003年 (平成15年) 6月 3日(火) 〜 8日(日)
 東京セントラル美術館
  (東京都 中央区銀座 2-7-18 銀座貿易ビル 5階)
 近代詩文書作家協会

「 協会創立30周年記念 詩歌と書の世界 」 へようこそ

 初夏の銀座。 行きたかったが、あいにく仕事がたて込んでいて、とても時間がとれず上京を断念した。
その代わりをかって出てくれたのが、今年から上京し仕事をしている卒業生である。 三上石鳳氏が、今回の撮影を全て手伝ってくれた。
持つべきは卒業生。 いつの間にか何倍も頼もしく、しっかりと成長した。 今ではいつも支えられている。 私より、よっぽど機械の扱いもうまい。
彼が代わりに私の作品を見てくれた。 そしてデジカメを駆使して、美しい画像を送ってくれた。 心から感謝している。
そこで、彼が会場や作品の雰囲気を一番よく知っているので、 「詩歌と書の世界展」 の感想レポートを担当してくれた。 以下は、三上石鳳氏の文章である。


 6月 7日(土) 晴れ。 気温25度。
毎日暑い日が続いている東京の銀座。 東京セントラル美術館に 「詩歌と書の世界展」 を見るために訪れた。
やはり土曜日のせいか、多くの書道ファンで賑わっていた。
年齢層は高齢の主婦が中心のようで、たくさんの熟年層が集まっていたが、若い女性もちらほらと見られた。 若い男性は少なく、まばらだった。
中央には、近代詩文書作家協会の講習会が放映されており、そこには多くの人が集まっていた。
見るのにも、ずいぶん苦労した。
作品の大きさは全紙 3分の1 がほとんどだったが、
なかには半切の 2分の1 や小品も多かった。
作品はすべて近代詩文書で、あまり力強いものはなく、
趣があるもの、構成に工夫があるもの、太い細いを
利かせたものなど、小品の作品ばかりだった。
会場は大きく明るく、大作が見られるのでは? と思っていた自分には少し残念だった。
7階では、今に生きる現代の漢字かな交じり書展も開催。
あちこちと巡り、買ったばかりのデジカメは大活躍。 映像を撮って楽しむという喜びも増えた。

 掲載作者の敬称は略させていただきました。

詩歌と書の世界 - 会場風景
会場風景             .

詩歌と書の世界 - 金子鴎亭
金子 鴎亭        .

詩歌と書の世界 - 大井錦亭
大井 錦亭       .

詩歌と書の世界 - 石飛博光
石飛 博光                 .

詩歌と書の世界 - 会場風景
会場風景             .

先頭行へ先頭行へ

詩歌と書の世界 - 福士夕湖
福士 夕湖
詩歌と書の世界 - 米澤小蘭
米澤 小蘭
大多和 玉祥
詩歌と書の世界 - 大多和玉祥、太田清柳
太田 清柳
町山 美扇
詩歌と書の世界 - 町山美扇、柳沢章雅
柳沢 章雅


田中 豪元
詩歌と書の世界 - 田中豪元、田村鄭雲
田村 鄭雲
詩歌と書の世界 - 後藤竹清
後藤 竹清
鈴木 不倒
詩歌と書の世界 - 鈴木不倒、小宮聴真、鹿島敬帆
小宮 聴真    /      鹿島 敬帆


清原 大龍
詩歌と書の世界 - 清原大龍、加藤煌雪、北道秀岳
加藤 煌雪   /   北道 秀岳
詩歌と書の世界 - 会場風景
会場風景

先頭行へ先頭行へ

わたしの出品作は、諸展覧会 の出品作 でご覧いただけます。


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣    2007年 日本詩文書作家協会 現代の俳句と書の世界
                    ┣    2004年 日本詩文書作家協会 協会改称記念 短歌と書の世界
                    ┗  2003年 近代詩文書作家協会 創立30周年記念 詩歌と書の世界


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ