表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


第6回 飛鴻会書展 石飛博光門下の若手グループ展 会場スナップ


開催日 …
場所 …

主催 …

 2003年 (平成15年)  10月 10日(金) 〜 13日(月)
 ムーブ町屋 センターまちや 4階
  (東京都 荒川区 荒川 7-50-9)
 飛鴻会  (代表 石飛博光)

「 第6回 飛鴻会書展 」 へようこそ

飛鴻会書展が始まる頃は、学校がもっとも忙しい時期だった。 文化祭で明け暮れていた。 東京に上京する気力など
残っていなかった。 そこで、頼もしい助っ人が登場した! 今年から東京に就職した 三上石鳳君である!
彼は、わたしの有能な教え子でもある。 偉そうに教え子などどは言えないほど、いろんな意味で支えられてもいる。
現在も、就職したとは思えないほどの回数で帰郷する。
バスで帰ってくるらしいが、やはり若さのなせる業だ。 東京の
情報は最近は全て彼からのものである。 本当に助かっている。
この展覧会の画像も彼からいただいたものである。 忙しい仕事の
合間を縫って、感想も書いてくれたので紹介します。
なお、掲載氏名の敬称は略させていただきました。
   (鎌田舜英 記)

  − − − − − − − − − − − − − − −

10月 11日(土)快晴。 まだまだ暑さが残る東京の荒川区 町屋の
ムーブ町屋に石飛博光先生門下の若者達からなる飛鴻会の第6回
飛鴻展を見学に行く。
私は今年から飛鴻会の会員になり、初出品初見学であったので、
とてもワクワクしながらの展覧会訪問であった。
とはいえ、この日はちょうど私が会場の受付当番になっていた日の為、行かざるを得なかったわけです。

展示も手伝ったから、だいたいの雰囲気は分かっていたが、やはりこの展覧会は大作が多い。 大きいものは縦 3m×横 4m程のものもあり、軸 4〜6幅なんていう作品もざらである。 とにかく一つ一つの作品サイズが並外れた展覧会で、会場も十分広いのだが狭く感じてしまうくらいである。 また、作品は大きいばかりではなく錬度も高い!! 30歳以下の人が書いた作品とは思われないものが沢山あった。
バラエティーも豊富で、漢字(臨書も創作も)・近代詩をはじめ、小品の作品にはその人なりの個性やアイディアが凝縮されていた。
単に平面的な書ではなく立体的な、色鮮やかな書展であった。
若者の手によって書は、今までの白と黒の平面的なものから美術的な工作的なものになって人の目を釘付けにしていた。

また、今年の展覧会では初めて席上揮毫が行われた。
笑点の音楽に合わせて、決められたお題にのっとった作品をその場で即興で書いて、それを書いた理由や感想などを一人一人に述べてもらった。 これは結構、一般の人達の目を奪い、やる方(書く方)も見る方も楽しく受け止められたと思う。 今後も続ける方針だ。

今年は、祝日のお陰で初めて 4日間の展覧会期間ではあったが、あっという間のうちに終わってしまい、物足りなさもあった。
来場者からの感想は、「若いエネルギーを感じた!」、「私も書いてみたい!」 などの感動が多かった。 最初はどうなるかと思ったけれど結果的には成功し、飛鴻会の皆で今回の成功を祝った。
個人的には来年は大きさよりも、技術的にこだわった作品を出品したいと思いました。
これからも飛鴻会の皆さんから刺激を受けながら頑張りたいと思います!   (三上石鳳 記)


飛鴻会書展 - 展示の準備
展示の準備


飛鴻会書展 - 三上石鳳
三上石鳳


飛鴻会書展 - 村井正佳
村井正佳


飛鴻会書展 - 蓬田安弘
蓬田安弘

先頭行へ先頭行へ

飛鴻会書展 - 三上石鳳
三上石鳳
飛鴻会書展 - みんなでVサイン
みんなでVサイン
飛鴻会書展 - 席上揮毫
席上揮毫


飛鴻会書展 - 小品群
小品群
飛鴻会書展 - 卒業生コーナー
卒業生コーナー


賛助出品 石飛博光 先生
賛助出品 石飛博光 先生
賛助出品 石飛博光 先生
賛助出品 石飛博光 先生

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                   ┣ 2012年    第15回記念 飛鴻会書展
                   ┣ 2011年    石飛博光 書展 −未来におくる− 1 2
                   ┣ 2008年    第11回 飛鴻会書展 / 今和希子 書展
                   ┣ 2007年    40周年記念 博光会書展 1 2 / 第10回記念 飛鴻会書展
                   ┣ 2006年    第9回 飛鴻会書展 / 男若手三人書展 (服部龍太, 三上石鳳, 池田憲亮)_1 2
                   ┣ 2005年    第8回 飛鴻会書展
                   ┣ 2004年    第7回 飛鴻会書展
                   ┣ 2003年  第6回 飛鴻会書展
                   ┗ 2001年    石飛博光 書展 −愛しき世紀−

        ※「飛鴻会書展」は、博光会(代表:石飛博光)の若手グループ展です。
          2006年開催の「男若手三人書展」は、博光会(代表:石飛博光)の若手による書展です。



表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ