表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


2004独立書人団 役員展 / 第52回 独立書展


独立書人団 役員展  開催日 …
場所 …
主催 …

  第52回 独立書展  開催日 …
場所 …
主催 …

 2004年 (平成16年) 1月 10日(土) 〜 16日(金)
 上野の森美術館  (東京都 台東区 上野公園)
 (財) 独立書人団

 2004年 (平成16年) 1月 11日(日) 〜 17日(土)
 東京都美術館  (東京都 台東区 上野公園)
 (財) 独立書人団

「 2004 独立書人団 役員展 / 第52回 独立書展 」 へようこそ


新春、いつも楽しみな書展のひとつではあったが、今年は日程の都合がつかず、やむなく三上石鳳君に鑑賞や撮影をお願いすることになった。 教え子というには、わたしよりずっとしっかりしていて、ずっと頼もしい。 デジカメもすぐにマスターして、より早く映像をいつも送ってくれる。
彼のおかげで、いつも旬な作品を私は鑑賞できるのである。 この書展の撮影はすべて三上石鳳君が行ってくれた。
この場をおかりしてお礼申し上げます。 なお、掲載作者の敬称は略させていただきました。 (鎌田舜英 記)

1月 11日(日) 快晴。 まるで弘前の気候で例えると初春のような天気の中、現代臨書展と独立書道展を見るために上野駅に向かう。 少し風が強く寒いと感じる時もあったけど、日の光が眩しく心地良い風であった。
まずは、上野の森美術館での「2004 独立書人団 役員展」を見学。 独立展は上野の森美術館と東京都美術館のニ会場で行われていた。
独立展を見るのは初めてだったが、臨書もあり、創作もありで、特に創作の方は悪い言い方をすると普通ではありえないような表現の仕方があり、とても新鮮な気持ちで作品を見ることができ、とても面白いと感じた。 何にもとらわれない、それでいて粗末ではない作品群だった。 会場を東京都美術館に移しての鑑賞、ここで驚いたのは作品の中には縦横 3〜 4mもある巨大な作品が飾られていたことである。
しかもその大きな紙に漢字二文字とかだから、
字もかなり大きく心に響くものがあった。
自分もこんなに大きいものを書きたいと思った。
作品を見ただけでも気持ち良かった。
これからの僕の創作活動や作品作りに大きなヒントや、やる気を起こさせてくれた展覧会であった。 (三上石鳳 記)


2004独立書人団 役員展/第52回 独立書展 - 会場風景
会場風景


2004独立書人団 役員展/第52回 独立書展 - 小田桐石峰
小田桐石峰


2004独立書人団 役員展/第52回 独立書展 -



2004独立書人団 役員展/第52回 独立書展 -

先頭行へ先頭行へ

2004独立書人団 役員展/第52回 独立書展 - 2004独立書人団 役員展/第52回 独立書展 -

2004独立書人団 役員展/第52回 独立書展 -

2004独立書人団 役員展/第52回 独立書展 - 会場風景
会場風景

先頭行へ先頭行へ

※ 題字は、展覧会のタイトル字から取らせていただきました。
ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣    2012年 第60回記念 独立書展 / 2012 独立選抜書展
                    ┣    2008年 第56回 独立書展
                    ┣    2006年 第54回 独立書展 / '06 独立書人団 新鋭作家選抜展
                    ┣    2005年 第53回 独立書展 / '05 独立書人団 新鋭作家選抜展
                    ┣  2004年 第52回 独立書展 / '04 独立書人団 役員展
                    ┗    2002年 第50回記念 独立書展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ