表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


第53回 書の前衛 奎星展 会場スナップ 代表:稲村雲洞


開催日 …
場所 …
主催 …

 2004年 (平成16年) 3月 7日(日) 〜 12日(金)
 東京都美術館 (東京都 台東区上野公園)
 奎星会 (代表 稲村雲洞)

「 第53回 奎星展 」 へようこそ


恒例の事だが、創玄展を鑑賞したあとは、いつも隣の奎星展に行く。
奎星展はいつも楽しい。
自分には考えられない発想や作品が眼に飛び込んでくる。
逆巻く勢いの作品・切り張り・べた塗り・着色もあり。
とにかく前衛的な作品に出会う。
作品を見ながら、いろんな空想が湧く。
タイトルと作品も異なっていることもある。
それもまた新鮮だ。
生きのいい魚を手にする子どもの心境である。
この作品を書くためには、壁にどのくらいのシミが付いたのかな。。。などと、くだらないことも心配してみる。
心象にも心象の中にテーマがあるように思う。
何かをイメージするところから、何かが生まれるような気がする。
印象に残る作品を、スナップさせて頂いた。
わたしの心もかくありたいと心に願いながら。。。。

 掲載作者の敬称は略させていただきました。

奎星展 - 会場風景
会場風景


奎星展 - 作品群1
染め紙のような明るい紙に、しっかりと動くその線の豊かさ。
構築性のある線表現に心惹かれました。


奎星展 - 作品群2
淀むような色の解け合うさまに足が止まった。
隣のモダンな線も絵画を見るようで楽しかった。

先頭行へ先頭行へ

奎星展 - 作品群3
線に風や勢いを感じました。

奎星展 - 作品群4
流れ・立体感・色彩とのコラボレーション
と思いました。
奎星展 - 作品群5
凹凸の意表。
そして着実な臨書姿勢。

奎星展 - 作品群6
白・黒・赤のモダニズム
奎星展 - 作品群7
線と線と線と。。。線の継続について真剣に考えました。

奎星展 - 千田信江
千田信江
奎星展 - 作品8
構築性と余白の美しさ

奎星展 - 石戸谷青悠
石戸谷青悠
奎星展 - 齋藤南柳
齋藤南柳
奎星展 - 石橋青紅
石橋青紅
奎星展 - 作品群9
たそがれと旅情を感じました。

先頭行へ先頭行へ

※ おことわり   題字は、展覧会の案内ハガキから取らせていただきました。
ご覧いただき、ありがとうございました


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣    2009年 第58回 奎星展
                    ┣    2006年 第55回記念 奎星展 / 奎星会 創立65周年記念 拓本を中心とする 龍門石窟展
                    ┣    2005年 第54回 奎星展
                    ┣  2004年 第53回 奎星展
                    ┣    2003年 第52回 奎星展 / 奎星選抜 100人書展
                    ┗    2002年 第51回 奎星展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ