表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


第11回 無名會書展 会場スナップ


開催日 …
場 所 …

主 催 …

 2004年 (平成16年) 6月 15日(火) 〜 20日(日)
 名古屋市民ギャラリー 栄  第7,8展示室
  (名古屋市中区栄 4-1-8 中区役所朝日生命共同ビル 8階)
 無名會

「 第11回 無名會書展 」 へようこそ


無名会書展という。 一見して、非常に多彩である。無名會書展 - 会場入口
新鮮な感覚の作品に目がとまる。
名古屋の友人が撮ってくれた画像から、好みで紹介させて頂きます。
この選別には何の脈絡もありません。 もし、掲載で失礼な点がありましたら、お詫び申し上げます。
なお、掲載作者の敬称は略させていただきましたので、ご了承下さい。
   (以上、鎌田舜英 記)
 ※ 作品下のカッコ内は、作品タイトルです。

  − − − − − − − − − − − − − − −

華門会の書展 を見て会場を出ると、すぐ向かい側の部屋で、別の会が書道展をやっていた。 「せっかく暑い中を来たのだから、ついでにこれも見てから帰ろう」 と思って、会場に入った。
受付で、「写真撮ってもいいですか?」 と聞いた。 カメラを持って展覧会を見る場合は、いつも必ず聞くことにしている。 撮っている最中や後になって、トラブルになるのがイヤだから…。

許可さえいただければ全部撮ります。。
ただし、デジカメのメモリーカードの容量が限度です。
この日は、256MB と 128MB の 2枚持ってきた。 そのうち、華門会の書展では 100枚ぐらい撮っただけなので、まだまだ余裕。。

見た感想を一言で表現すれば、とてもカラフル。 書なので文字の色はモノクロが中心だが、紙の色彩の多様さが会場全体を明るくさせ、絵画のような印象を受けた。
会場に入った動機は不純だが、見てよかったと思った。

会場を出るとき、受付で 「申し訳ありませんけど、パンフレットを
もう一部もらえますか?」 と聞いた。
「どうぞ、どうぞ。 本当に一部でいいですか?」
「ハイ、全部で 2部あればいいんです。」
「ほんとに 2部でいいんですか? 何部でも言って下さいよ。
いくらでもありますから…。」

受付の人が言うとおり、後のテーブルの上には束で山になって積んであるのが見えた。 わたしはパンフレットのコレクターではありませんが、こころよくいただけたのは、うれしかった。
そのうちの一部は、鎌田さんに画像の CD-R といっしょに郵送した。   (柴犬 文/撮影)


無名會書展 - 会場風景
会場風景


無名會書展 - 藤江清園
藤江清園
(夏目漱石のことば)

無名會書展 - 森下玉葉
森下玉葉
(今日感會)

無名會書展 - 舟木痩龍
舟木痩龍
(痴牛)

無名會書展 - 堀 裸石
堀 裸石
(花萬朶)

無名會書展 - 加藤翠麗
加藤翠麗
(自帰依佛)

先頭行へ先頭行へ

無名會書展 - 安井琴舟
安井琴舟
(大観)
無名會書展 - 山川虹雲
山川虹雲
(東西南北)
無名會書展 - 鈴木蒼苔
鈴木蒼苔
(あのとき)
無名會書展 - 岡本恵園
岡本恵園
(人間畢生危機一髪)


無名會書展 - 小塩世津
小塩世津
(俳句)
無名會書展 - 石野光明
石野光明
(古壺新酒)
無名會書展 - 伊奈咏玉
伊奈咏玉
(疊雲長風)


無名會書展 - 矢守幽箏
矢守幽箏
(さとうきび畑)
左の作品の一部を拡大しました。。 無名會書展 - 矢守幽箏(拡大)





無名會書展 - 米山郁生
米山郁生
(道くさ)
左の作品の一部を拡大しました。。 無名會書展 - 米山郁生(拡大)


先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣    2005年 第12回 無名會書展
                    ┗  2004年 第11回 無名會書展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ