表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある 第56回 毎日書道展 合宿


毎日書道会主催 第56回 毎日書道展 東京展 会場スナップ


開催日・場所 …





主催 …

 〔前期展〕 2004年 (平成16年) 7月 8日(木) 〜 11日(日)
        東京都美術館
 〔後期展〕 2004年 (平成16年) 7月 13日(火) 〜 17日(土)
        東京都美術館
 〔役員展〕 2004年 (平成16年) 7月 8日(木) 〜 17日(土)
        上野の森美術館
 毎日新聞社、 (財)毎日書道会

「 第56回 毎日書道展 東京展 」 へようこそ
前期展・後期展ともに、いつもなら楽しみにしている展覧会も、
今年は上京することがかなわなかった。
年々忙しくなりつつある。。 時間は貴重だな、とつくづく思う。
満足に時間を使える時が、これからどのくらいあるのだろう。
一日一日が、かけがえのないものに思える。
限りある時間で、どう動くか。 いつも考えている。 楽しみにしていた毎日展も、また友人の映像のおかげでなんとか拝見できた。
東京に住んでいる三上石鳳君が撮って送ってくれた。
彼のおかげでいつも貴重な展覧会を見ることができている。
心から感謝している。

なお、掲載作者の敬称は略させていただきましたので、
ご了承下さい。   (以上、鎌田舜英 記)

  − − − − − − − − − − − − − − −

7月 10日(土) 午後 12時頃、ちょうどお昼になった時に上野駅に着き、さっそく毎日書道展(以下、毎日展)を見るために上野の森美術館に向かった。 毎日展は創玄書道展とは違い、書風の種類が様々で刻字あり、一字書ありの大規模な展覧会である。

毎日展の役員展の方が上野の森美術館で行われていたので、先にそちらを見ようと上野の森美術館に向かったのであるが、そちらの方はそんなには混雑していなかった。
やはり役員展というだけあって、役員の先生方の作品、そして今年の当番審査員の先生方の作品はどれも迫力があり、そして現代的で目を奪うものが多かった。 落ち着いたもの、余裕を感じさせるものなどが多く風格があるものが多かったと思う。
またやはり書風が様々だから、同じようなものばかりではないので見るものを飽きさせなかった。 好印象を受けて、次の公募作品が展示してある東京都美術館に移動した。

話は前後するが、この日の東京も暑かった。 気温は 35度、最低気温も 27度以上で毎日馬鹿みたいな気候である。
まあ毎日このような感じだから、すっかりこの気候にも慣れてしまい、我慢できるようになった。 この日は快晴ではなく曇り空で、東京都美術館に移動した時には小雨が降り始めていた。

東京都美術館は上野の森美術館とはうって変わって鑑賞者が多い。 たぶん地方から何人かの団体で来ているのであろう。
お師匠さんらしき人が解説し、その周りを人が輪になって囲んでいる。 作品を見るのも困難だし、さして撮影するとなれば相当周りの皆さんに迷惑をかけたことだろう。 まあ、これもお互い様かもしれないが …。
さて毎日展の公募作品の見学である。 まず目に飛び込んできたのは、毎日展会員賞受賞の作品である。
今年からなのか前からなのか知らないけど、受賞作品の隣に受賞者本人の写真が貼られていて、どんな顔の人が作品を書いたのか見てわかるようになっていた。
作品群はやはりどれも線質がよく品格があるように感じた。
自分のこのように書ければなぁ … 書きたいなぁと思いながらしばし作品群を眺めた。

次に毎日賞の作品群。 個人的にはこちらの方に興味関心があった。
実際毎日賞の作品の方が毎日展会員賞の作品よりも迫力があり、また野生的で新鮮で多くの目を奪う作品があった。 実力の違いを感じた一瞬でもあったけど …。
まずは線が良かった。 自分には書けていないあの線 … 線が光っていた。 そして構成 … 近代詩文意欲を湧かせるような面白い現代的な構成が数多くあった。 やはり毎日賞は凄いなあと再認識させられた瞬間だった。 毎日賞受賞作品をゆっくりと見て、後は興味をそそる作品をさらっと見て回った。
しかし、いつも思うことだが作品数が多い … 申し訳ないが途中で飽きてしまった。 でも、良い散歩にはなったと思う。

今でも毎日賞を見た時の衝撃が、目と心に焼きついている。
この衝撃を元に、今後の展覧会の作品製作に意欲的に取り組みたい!! とても勉強になった展覧会であった。
   (三上石鳳 文/撮影)

第56回 毎日書道展 合宿スナップ (95 KB)



毎日書道展 - 会場風景
会場風景



中野北溟
中野北溟



金子卓義
金子卓義



石飛博光
石飛博光



鳥山岳風
鳥山岳風



加藤煌雪
加藤煌雪



田中豪元
田中豪元



中田李Y
毎日展会員賞  中田李Y

先頭行へ先頭行へ

毎日書道展 - 会場風景
会場風景


工藤夕溪
毎日賞  工藤夕溪
服部龍太
毎日賞  服部龍太


西村桃林
毎日賞  西村桃林
八木花海
毎日賞  八木花海
西里俊文
秀作賞  西里俊文

先頭行へ先頭行へ

わたしの出品作は、毎日書道展 の出品作 3 (2004〜2009) でご覧いただけます。


ご覧いただき、ありがとうございました。  第56回 毎日書道展 合宿スナップ (95KB) もご覧下さい。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┣ 毎日書道展 の 開催日程  (主催 毎日新聞社、(財) 毎日書道会)
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣ 2017年    合宿
                    ┣ 2014年    合宿
                    ┣ 2013年    毎日現代書 巡回展 青森展
                    ┣ 2010年    第62回 毎日書道展 東京展
                    ┣ 2009年    合宿 / 第61回 毎日書道展 東海展_1 2 3 / 毎日現代書 巡回展 豊橋展
                    ┣ 2008年    第60回 毎日書道展 東海展_1 2 3  第60回 記念イベント_1 2 3
                    ┣ 2007年    第59回 毎日書道展 東海展_1 2 3 / 東北仙台展
                    ┣ 2006年    第58回 毎日書道展 東京展 / 東海展_1 2
                    ┣ 2005年    第57回 毎日書道展 東京展 / 東海展 / 合宿
                    ┣ 2004年  第56回 毎日書道展 東京展 / 東海展 / 合宿 / 毎日現代書 巡回展 青森展
                    ┣ 2003年    第55回 毎日書道展 東京展
                    ┣ 2002年    第54回 毎日書道展 東京展 / 合宿
                    ┣ 2001年    第53回 毎日書道展 東京展
                    ┗ 2000年    第52回 毎日書道展 東京展 / 東北仙台展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ