表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


公募第25回 会員第50回 筧水展 会場スナップ


開催日 …
場 所 …

主 催 …

 2004年 (平成16年) 7月 27日(火) 〜 8月 1日(日)
 愛知芸術文化センター 愛知県美術館ギャラリー
  (名古屋市 東区 東桜 1-13-2 )
 筧水会  (代表 太田海軒)

「 公募第25回 会員第50回 筧水展 」 へようこそ
筧水展を偶然だが拝見する機会を得た。
名古屋に来て、どこに行くと言うこともなく展覧会場にいるというのも芸のない話ではあるが、炎天下を避けるにはちょうどよい時間だった。 初めて聞く名称だった。 しかし、ものすごい歴史がある。
鈴木翠軒先生の流れを感じさせる。 翠軒先生の直筆をたくさん観ることもできた。 実に楽しかった。

会場に入るやいなや、決して普段観ることはできない大きな拓本が
展示されていた。
有名な石刻の原拓、鄭道昭の鄭義上碑・下碑である。
そのほかにも古墨がたくさんコレクションとして展示されていた。
観ていて飽きない。 吸い込まれていく。 貴重なものばかりだった。
故 太田慎齋先生の作品も、大作揃いだった。 石鼓文や般若心経と目を通していたら、思いもかけず貴重な文章に遭遇した!
「爵華」である。 詩経の一節なのであるが、その中に「舜英」という言葉を発見! 「女有同行顔如舜英。。。」 今更ながら、詩経から雅号を選択してくれたという師匠の言葉が蘇った。
うれしい詩文だった。 思わず暗唱した。 (釈文 全体 - 28 KB)

たくさんの同人による作品群は、その後どこまでも続いていた。
何点か心に残る作品をスナップにし、会場をあとにした。
何よりも中央のケースに鎮座する古墨や書簡は、何度観ても飽きない。 これも先人の偉大なる業だ。 継続は大変だと思う。
50回展という記念すべき書展を拝見することができ、楽しい時間を過ごすことができた。
これからも 51回、52回と継続されることを心より祈っております。

なお、掲載作者の敬称は略させていただきましたので、
ご了承下さい。   (鎌田舜英 文 / 柴犬 撮影)


■注■ 「全体」 のリンクがあるものは、別ウインドウで開きます。


筧水展 - 原拓 展示風景
鄭道昭 原拓の展示風景  全体 (122 KB)


筧水展 - 雲峰山 観海童詩 部分
雲峰山 観海童詩 部分  全体 (123 KB)


筧水展 - 鈴木翠軒
「書鑑」  鈴木翠軒


筧水展 - 会場風景
会場風景

先頭行へ先頭行へ

筧水展 - 程君房墨
程君房墨

筧水展 - 堀田黄葉
「愛語」  堀田黄葉
全体 (38 KB)


筧水展 - 太田慎齋
「行書般若心経」  太田慎齋  全体 (85 KB)
筧水展 - 太田慎齋
「石鼓文」  太田慎齋  全体 (79 KB)


筧水展 - 太田慎齋
「爵華」  太田慎齋
全体 (26 KB)
筧水展 - 吉田孝齋
「喜楽」  吉田孝齋

筧水展 - 寺本光穂
「鹿柴」  寺本光穂

筧水展 - 岩佐秋水
「根」  岩佐秋水

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣    2005年 公募第26回 会員第51回 筧水展 1 / 2
                    ┗  2004年 公募第25回 会員第50回 筧水展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ