表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


第34回 溪心展 会場スナップ


開催日 …
場所 …

主催 …

 2004年 (平成16年) 11月 12日(金) 〜 14日(日)
 中三 弘前店 8階 スペースアストロ
  (青森県 弘前市 土手町 49-1)
 溪心書道会  (代表 工藤溪舟)

「 第34回 溪心展 」 へようこそ
第34回 溪心展が中三 弘前店 8階スペースアストロで開催された。
わたしは、11月 12日(金)の初日に、例によって駆け込みで
鑑賞させていただいた。

私は人と会うのが元来苦手な性分であるので、会場に入るのは
少々緊張する。 しかし、勇気を出して 8階に真っ直ぐ直行すること
にした。 この日はどうもバーゲンだったらしい。
いろんな買い物客と遭遇する。 久しくデパートにも足を運んで
いない私としては、実に人間がまぶしかった。

手には、新兵器の最新デジカメ。 これが最初の撮影日であった。
うまく撮れるかどうか心配でもあった。 説明書は熟読したが、
あまり頭には入っているはずもない。 しかしぶっつけである。
今回は手ぶれ機能がついているため、すこぶる使い勝手がいい。
シャッタースピードも速い。 暗い会場でも明るく?撮れるらしい。
期待度は大である。

会場は閉店間際のせいか、それほど鑑賞客もいなかったため、
十分に鑑賞を満喫させていただいた。
刻字作品がふんだんに飾られている。
すっきりとした展示で、会場には暖かさが感じられた。
大作の屏風から若々しい近代詩文書など年齢層も幅広く、今は亡き
師匠 田澤溪石先生の面影を感じることができた。
もう、34回を迎えるということに、本当にびっくりした。
田澤先生はもう亡くなられてしまったが、志が生きているということが
うれしい。 私は何の力にもなれないが、これからも継続して
頑張ってほしいと心から応援している。

なお、掲載作者の敬称は略させていただきましたので、ご了承下さい。


溪心展 - 会場風景
会場風景


溪心展 - 工藤溪舟
工藤溪舟


溪心展 - 渡辺裕
渡辺 裕


溪心展 - 小山内玉溪
小山内玉溪

先頭行へ先頭行へ

溪心展 - 津川香
津川 香
溪心展 - 三上敦子
三上敦子
溪心展 - 工藤溪舟
工藤溪舟
溪心展 - 朝田貴子
朝田貴子
溪心展 - 大内青霞
大内青霞


溪心展 - 大内峨石
大内峨石
溪心展 - 工藤夕谿
工藤夕谿
溪心展 - 工藤夕谿(左)
左側
溪心展 - 工藤夕谿(右)
右側


溪心展 - 葛西義弘
葛西義弘
溪心展 - 会場風景
会場風景

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣    2013年 第43回 溪心展 / 刻字第17回 溪聲展
                    ┣    2012年 第42回 溪心展 / 刻字第16回 溪聲展
                    ┣    2010年 第40回記念 溪心展
                    ┣    2009年 第39回 溪心展
                    ┣    2008年 第38回 溪心展
                    ┣    2007年 第37回 溪心展
                    ┣    2006年 第36回 溪心展
                    ┣    2005年 第35回 溪心展
                    ┣  2004年 第34回 溪心展 / 田澤溪石 遺墨展
                    ┣    2003年 第33回 溪心展
                    ┣    2002年 第32回 溪心展
                    ┗    2001年 第31回 溪心展 / 田澤渓石 PARTV 現代書展 2001


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ