表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


毎日書道会主催 現代の書 新春展 会場スナップ


場所 ・ 開催日 …




主催 …

 24人展  和光ホール  (東京都 中央区 銀座 4-5-11 6階 )
        2005年 (平成17年) 1月 5日(水) 〜 15日(土)
 100人展  東京セントラル美術館
        (東京都 中央区 銀座 2-7-18 銀座貿易ビル 5階 )
        2005年 (平成17年) 1月 5日(水) 〜 15日(土)
 毎日新聞社  (財)毎日書道会

「 2005年 現代の書 新春展 」 へようこそ

現代の書 新春展が今年も開催されていた。
「今いきづく墨の華」 というサブタイトルが興味がある。
24人と 100人の作品の共演である。
わたしも実物を是非拝見したかったが、今年はままならなかった。
三上石鳳君が今年も映像を送ってくれた。
和光ホールと東京セントラル美術館の作品映像が
美しい画像で送られてきた。
席上揮毫や作品の解説も行われたらしい。
生で見聞きできなかったのが、本当に残念なことである。

なお、掲載作者の敬称は略させていただきましたので、
ご了承下さい。   (鎌田舜英 記)

  − − − − − − − − − − − − − − −

1月 8日(土) 晴れ、少し風が強く肌寒かったのが印象的だった
この日、銀座のセントラル美術館と和光ホールに、新春の書展を
見に出かけた。
セントラル美術館では選抜者 100人の作品を、そして和光ホール
では幹部の先生方の作品を拝見する事が出来た。
まず、セントラル美術館から見たが、一番先に目に入ってきたのは、
選抜者 100人によって書かれた今年の干支である「酉」の字である。
各自が好きな形で好きなデフォルメで書かれていて、とても印象
深かった。

作品はというと、叙情的なものから迫力のあるものまで千差万別
ではあったが、それぞれが今年の抱負や課題などを織り交ぜた
作品を書いていて、筆者の思いが感じられる作品がほとんどであった。
作品レベルはどれも高く、今最も活躍している先生方の作品と
いうだけあって、見応えがあり、とても刺激を受けて帰ってきたので、
今度はその感動を自分の作品作りに生かして頑張りたい。
和光ホールではさらに上の先生方の作品を間近で拝見する事が
出来素晴らしかった。
味のある作品が多く、見れば見るほどいろいろな印象を持つ事が
出来た。 勉強になる展覧会であった。   (三上石鳳 撮影 / 文)


現代の書 新春展 - 会場風景
会場風景


現代の書 新春展 - 坂本素雪
坂本素雪


現代の書 新春展 - 今江美登里
今江美登里


現代の書 新春展 - 永守蒼穹
永守蒼穹

先頭行へ先頭行へ

現代の書 新春展 - 川合玄鳳
川合玄鳳
現代の書 新春展 - 中野北溟
中野北溟
現代の書 新春展 - 加藤煌雪
加藤煌雪


現代の書 新春展 - 金子卓義
金子卓義
現代の書 新春展 - 嵯峨大拙
嵯峨大拙
現代の書 新春展 - 江幡太瓏
江幡太瓏
現代の書 新春展 - 赤平泰処
赤平泰処

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣    2007年 現代の書 新春展
                    ┣    2006年 現代の書 新春展 1 / 2
                    ┣  2005年 現代の書 新春展
                    ┣    2004年 現代の書 新春展
                    ┗    2002年 現代の書 新春展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ