表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


第53回 独立書展/独立書人団 新鋭作家選抜展 会場スナップ



第53回 独立書展  開催日 …
場所 …
主催 …

'05独立書人団 新鋭作家選抜展  開催日 …
場所 …
主催 …

 2005年 (平成17年) 1月 11日(火) 〜 16日(日)
 東京都美術館  (東京都 台東区 上野公園)
 (財) 独立書人団

 2005年 (平成17年) 1月 10日(月) 〜 16日(日)
 上野の森美術館  (東京都 台東区 上野公園)
 (財) 独立書人団

「 第53回 独立書展 / '05 独立書人団 新鋭作家選抜展 」 へようこそ
第53回 独立書展の画像を頂いた。
毎年ではあるが、臨書展と会期が一緒のため、拝見する機会が多い。
そして、なぜかこの独立書展でかなりの元気を頂く。
パワフルな作品群に、おもわず楽しくなるのである。
ヤング賞までがあるようで、若さでみなぎっている。
大字は並大抵の力では書けないということは承知している
つもりであるが、やはり大字に目がいく。
そして墨色が美しく、匂いが感じられる。
間近で見ることが出来ないのがこころから残念である。

なお、掲載作者の敬称は略させていただきましたので、
ご了承下さい。   (鎌田舜英 記)

  − − − − − − − − − − − − − − −

1月 16日(日)、先に 現代臨書展 を見た後、すっかり疲れきった
状態で同じ会場内で行われている独立書展を見ようと移動した。
幸いにも独立書展は、最終日は午後 3時までだから少し助かった…。

独立書展を見て一番嬉しいというか楽しいところは、物凄い
大きな作品が飾られていて、壮大な気分になれることである。
今回もやはり大きくて力強い作品が沢山あり、多くの人の
目を釘付けにしていた。
また前衛的な作品、古典の一部を大きく拡大して臨書した
作品など個性的で目を奪うものも沢山あった。
現代臨書展の小字超多字数を見てからだったので、
より気持ちよく気分よく見ることが出来た。
やはり大きく書きたいなぁと思いながら会場をあとにした。

独立書展は東京都美術館だけではなく、上野の森美術館でも
行われていて、新しく会員、準会員に推挙された人達の作品が
飾られていた。
来年の独立書展を楽しみにしながら岐路についた。
   (三上石鳳 撮影 / 文)

独立書展 - 会場風景
会場風景


独立書展 - 準会員賞の作品
準会員賞 作品


独立書展 - 会員賞の作品
会員賞 作品


独立書展 - 会場風景
会場風景

先頭行へ先頭行へ

独立書展 - 会員賞の作品
会員賞 作品
独立書展 - 会津琉石
会津琉石
独立書展 - 福士東華
福士東華
独立書展 - 小田桐石峰
小田桐石峰


独立書展 - 会員賞の作品
会員賞 作品
独立書展 - 高橋素光
高橋素光
独立書展 - 会場風景
会場風景

先頭行へ先頭行へ

※ 題字は、展覧会のタイトル字から取らせていただきました。
ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣    2012年 第60回記念 独立書展 / 2012 独立選抜書展
                    ┣    2008年 第56回 独立書展
                    ┣    2006年 第54回 独立書展 / '06 独立書人団 新鋭作家選抜展
                    ┣  2005年 第53回 独立書展 / '05 独立書人団 新鋭作家選抜展
                    ┣    2004年 第52回 独立書展 / '04 独立書人団 役員展
                    ┗    2002年 第50回記念 独立書展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ