表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


2006年 春の中村区民書道展 会場スナップ


開催日 …
場所 …
主催 …

 2006年 (平成18年) 5月 20日(土) 〜 21日(日)
 名古屋市 中村区役所 講堂  (名古屋市 中村区)
 中村区書道連盟  (会長 吉田青穹)

「 2006年 春の中村区民書道展 」 へようこそ
名古屋市 中村区は、市の西部に位置し、
名古屋駅を含む高層ビル群と、古くからの町並みが広がるところです。 名古屋駅は、
JR新幹線・在来線、名古屋鉄道、近畿日本鉄道、地下鉄の駅が集まり、駅前には、松坂屋、タカシマヤ、名鉄百貨店、近鉄百貨店があり、交通の要所となっています。

歴史をさかのぼれば、室町時代と古く、
尾張国中村といい、「中」 という村だった
そうです。 豊臣秀吉、加藤清正の
生誕地として知られています。


名古屋駅
JR名古屋駅の駅ビルを見上げる

名古屋駅前
駅前に新しく作っているトヨタのビル

そのため、秀吉にちなんだ地名が、今でも多く残っています。 「太閤通」、「日吉」、「豊国 (神社・通)」、「千成 (秀吉の馬印)」 等々。。
江戸時代になると、旧東海道の街道 ・ 宿場町として栄えました。 宮の渡し (熱田神宮の南) から桑名までは、海上路がありましたが、遭難することが多かったため、幕府の要人や大名、一般の人たちは陸路を使い、リスクを少なくするため、「佐屋路」 を歩いて伊勢神宮や京に向かいました。

また昭和の半ばまで、中村区の一角には、色街として全国にも知られた「中村遊郭」 がありました。 これは、大正時代に、中区の大須にあった旭遊郭を、現在の日吉・寿・大門・羽衣・賑の 5つの町に移転したものです。
その後、昭和 33年に売春防止法が施行されるまで、全国的にも有数な遊郭 (赤線=国が公認した特殊飲食業が集まった特定区域) として存在しました。 特に、大正 12年に関東大震災が起こると、東京の吉原は全焼し、職を求めて中村に数多くの遊女が来たため、昭和初期には娼妓約 2000人を抱え、日本最大の遊郭だったと伝えられています。
これらの一部建物 (長寿庵、旧松岡旅館 等) は現存し、歴史的建造物として名古屋市の都市景観重要建築物に指定されています。
その街の一角に、「中村観音」 があります。 遊郭で働く遊女は身売りされているので、亡くなると無縁仏として葬られました。 その無数の無縁遺骨を、練り固めて作られた、高さ 8メートルの十一面観音像がここにあります。
この像は、この地で精一杯生き、若くして亡くなっていった女性たちの想いと、悲しい歴史がたくさんつまった、重い意味を背負っている観音さまなのです。 地元では、「街を見守る神さま」 として知られています。

遊郭で働く女性のイメージは現代とは異なり、当時は歌舞音曲や書・画に
秀でた才媛も珍しくありませんでした。
それに由来するのかどうかは、わかりませんが、後年になって松竹新喜劇の故・藤山寛美さんの発案によって作られた芸人塚が敷地内にあります。
今では、芸人だけでなく、習字 ・ 詩吟等の習い事成就を願って、お参りする人が絶えない場所となっています。

長々と観光案内のように街の紹介をしていたら、肝心な書道展については書けなくなってしまいました。 しかし、そんな歴史のある、名古屋の中村区で行われた書道展なのです。

中村区民書道展は毎年、春と秋の2回行われています。 区で有名な書道人と言えば、岡本白濤 先生でしょうか。 昨年秋に、会場で偶然お会いしましたが、90歳を過ぎても、とてもお元気そうでした。
今年は、会長の吉田先生にお会いして、いろいろお話をうかがいました。
では・・・、少しですが、会場で撮った画像をご覧ください。
なお、掲載作者の敬称は略させていただきましたので、ご了承下さい。
     (写真 / 文  柴犬)
中村観音にある「芸人塚」
中村観音にある 「芸人塚」



中村区民書道展 - 会場入口
会場入口

先頭行へ先頭行へ

中村区民書道展 - 会場風景
会場風景  (中村区民書道展 (一般))
中村区民書道展 - 会場風景
会場風景  (中村区書道連盟 会員展)


中村区民書道展 - 吉田青穹
吉田青穹 氏  「夢」
(作品の前で撮らせていただきました。)
中村区民書道展 - 岡本白濤
岡本白濤
「澄懐 (ちょうかい) 」

先頭行へ先頭行へ

中村区民書道展 - 小林雅泉
小林雅泉
「戌年を七回めぐる竹刀音」
中村区民書道展 - 石原光華
石原光華
「再」
中村区民書道展 - 串田南豊
串田南豊
「亀」


中村区民書道展 - 恒川薫石
恒川薫石
「夜静雪華飛」
中村区民書道展 - 会場風景
会場風景  (中村区書道連盟 会員展)

先頭行へ先頭行へ

※ おことわり  作品の中に撮影者が映り込まないように、少し斜めから撮影してあります。
ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣    2006年10月 中村区民書道展 / 付録
                    ┗  2006年 5月  春の中村区民書道展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ