表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある 第55回記念 奎星展


書の前衛 奎星会 創立65周年記念 拓本を中心とする 龍門石窟展 会場スナップ 代表:稲村雲洞


第55回記念
 開催日 …
場所 …

奎星会創立65周年記念
 開催日 …
場所 …
主催 …

 奎星展
 2006年 (平成18年) 3月 7日(月) 〜 12日(土)
 東京都美術館  (東京都 台東区 上野公園)

 拓本を中心とする 龍門石窟展
 2006年 (平成18年) 3月 7日(月) 〜 12日(土)
 上野の森美術館  (東京都 台東区 上野公園)
 奎星会  (代表 稲村雲洞)

「 奎星会 創立65周年記念 拓本を中心とする 龍門石窟展 」 へようこそ
   第55回記念 奎星展 のつづき


奎星会が主催する 「奎星会創立 65周年記念
拓本を中心とする 龍門石窟展」 を上野の森美術館で
鑑賞する。

うわさは聞いていた。 
「いいよ〜。上野の森は〜。」 とみんなが口々に言う。
「書展よりもいいよ。」 とみんなが感想をもらしていた。

会場で写真撮影が可能かどうか、消極的に聞く。。。
そうしたら思いの外、快い返事をもらった。
「どうぞ、いくらでも!」
この言葉にかなりの勇気をもらい、会場を撮りまくる
気合いで入る。。。
しかし。。。 ほとんど撮らなかった。。。。
というより撮れなかった。
熱中しすぎて、撮ることを忘れたのである。

なつかしい龍門。
私は、かれこれ○○年も前に龍門を訪れたことがある。
まさしく復元。 現物がそこにあり、まるで本当の
石窟の中のようであった。
古陽洞でしっかりと龍門に浸る。

拓本の場所を探しながら、食い入るように見る。
○○年前の古陽洞では、懐中電灯を持って行ったにも
かかわらず、ほとんど拓本の場所さえわからずに終わった。
洞内図は本当に親切でわかりやすく、感動を再び
もたらしてくれた。
「楊大眼」 発見!
やはり拓本もいいが、本物はもっといい!

龍門石窟展 - 会場風景
会場風景


龍門石窟展 - 拓本がいっぱい
拓本がいっぱい


龍門石窟展 - 古陽洞の復元入口
古陽洞の復元入口


龍門石窟展 - 本物と同じ大きさで、やはり暗い!
本物と同じ大きさで、やはり暗い!
龍門石窟展 - 眼が慣れてくると、造像記が現れる!
眼も慣れてくると、かの有名な造像記が
至る所に壁面から現れる!

先頭行へ先頭行へ

※ おことわり   題字は、展覧会の案内ハガキから取らせていただきました。
ご覧いただき、ありがとうございました。

第55回記念 奎星展 ( 146 KB ) もご覧下さい。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣    2009年 第58回 奎星展
                    ┣    2006年 第55回記念 奎星展 /  奎星会 創立65周年記念 拓本を中心とする 龍門石窟展
                    ┣    2005年 第54回 奎星展
                    ┣    2004年 第53回 奎星展
                    ┣    2003年 第52回 奎星展 / 奎星選抜 100人書展
                    ┗    2002年 第51回 奎星展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ