表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある 男若手三人書展 その2


石飛博光 門下の男若手三人書展 (服部龍太,三上石鳳,池田憲亮) 会場スナップ1


開催日 …
場所 …

主催 …

 2006年 (平成18年) 6月 24日(土) 〜 29日(木)
 銀座書廊  [ 長崎センタービル 3階 ]
  (東京都 中央区 銀座 8-9-16 )
 服部龍太、 三上石鳳、 池田憲亮

「 石飛博光 門下の男若手 三人書展 ( 服部龍太, 三上石鳳, 池田憲亮 ) 」 その1 へようこそ

教え子の三上石鳳君から連絡があり、三人展をやると聞いた。
銀座での発表だそうで、果たしてできるのか心配だった。
上京することもできず、作品も心配だったがパンフレットを
いただいて、その画像を見たとき、不安は払拭された。

東京で忙しい中、先生方や先輩方のご指導の賜だろうと思う。
彼らは成長していた。 仲間でやることの切磋琢磨。
その努力が実を結んだのだと思う。
たくさんの方々にご来場いただき、励ましの言葉を
頂戴できたことを心から感謝しています。
そして、さらに石飛博光先生のご指導のもとで、これからも
若手が育ち続けることを祈っています。
若者にチャンスを与えて頂き、本当にありがとうざいました。

弘前高等学校の教え子が三上石鳳と今和希子である。
最後の生徒が今和希子、最初の生徒が三上石鳳。
いろいろな生徒がいたが、上京し、真っ向から書道に
向かう生徒がこの二人である。
今和希子は、三人展を最後まで手伝い、会場を支えて
くれたようで頼もしい若手である。
わたしのホームページにも、忙しい三上石鳳に替わって
画像をたくさん送ってくれるようになった。
この三人展の画像は、彼女が撮影し文章を寄せてくれた。
いつも、本当に感謝している。

掲載作者の敬称は略させていただきましたので、
ご了承下さい。   (鎌田舜英 記)

  − − − − − − − − − − − − − − −

「男三人書展」 銀座で若者が展覧会をする!!
大丈夫だろうか・・・と不安に思っていたのは私だけではないようだ。
勢いで展覧会をすると決まってから、あっという間に搬入日が
来たように思えた。 そして搬入。
親しい仲間、先輩がかけつけ飾り付けにとりかかる。
業者が大作を運び入れてくれ、次々に壁面に作品が
セッティングされていった。
ひととおり、作品が “あるべき場所” に納まる。
銀座の会場に 3人の大作から小品 (漢字, 近代詩,
仮名・・・臨書) がずらりと並ぶ。
作品が予想より見栄えがして、うれしかった。
そして会期へ・・・。

会期中の天気予報は、ずっと雨。。
今回の作品の共通テーマの一つになるほど雨男の三人で
あるが、予想に反して晴れの日が続いた。
そのおかげもあり、お客さまがたくさん来てくださる。
本当に有り難いことである。
遠方からは青森、大阪など。
また毎日展の審査日と重なっていたことから、
たくさんの先生方が足を運んでくださり、アドバイス、
激励を頂き三人とも本当に嬉しそうであった。

何より驚いたのは、中野北溟先生がふらっといらしてくださったこと。
ちょうど石飛先生も会場にいらしていて、皆で作品を見ながら
ワインで乾杯したことは忘れられない思い出になった。
また、たくさんの方々に激励の意味で作品を購入して頂いた。
本当に感謝の思いでいっぱいである。

今回の展覧会で好評だったのは、パソコンで自分たちで作った
オールカラーの作品集を目録代わりに配布し、来場者の方々に
本人の思いが書かれている作品集と作品を交互に見て
頂いたことだと思う。
作品だけでなく、どんな人が、どんな思いで書いたのか、
その人の 「人となり」 も来場者の方々に理解して頂き、
皆で楽しむことができたように思う。
反省すること、勉強になったこと、激励を頂き嬉しかった思い。
たくさんのことが得られて、本当に幸せな一週間だったと思う。
ご来場をいただき、本当にありがとうございました。
   (今和希子 記)

     【 その2 につづく 】



石飛博光 門下の男若手三人書展 - 会場入口で
会場係を担当しました! いらっしゃいませ。



石飛博光 門下の男若手三人書展 - 会場風景
会場の全体風景です。



石飛博光 門下の男若手三人書展 - 記念撮影
北門書道会の今泉良郎 主幹が駆けつけて
下さいました。 (右は、三上石鳳)



石飛博光 門下の男若手三人書展 - 石飛博光といっしょに
石飛博光先生が御登場
「この作品は、こんなところをもう少し
工夫したら・・・?」



石飛博光 門下の男若手三人書展 - 石飛博光先生と、中野北溟先生
石飛博光先生(左)と、北海道の中野北溟先生(右)と
いっしょに、夢の歓談。



石飛博光 門下の男若手三人書展 - 会場風景
たくさんの人に見に来ていただきました。

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。

石飛博光 門下の男若手三人書展 (服部龍太, 三上石鳳, 池田憲亮) その2 (147 KB) もご覧下さい。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                   ┣ 2012年    第15回記念 飛鴻会書展
                   ┣ 2011年    石飛博光 書展 −未来におくる− 1 2
                   ┣ 2008年    第11回 飛鴻会書展 / 今和希子 書展
                   ┣ 2007年    40周年記念 博光会書展 1 2 / 第10回記念 飛鴻会書展
                   ┣ 2006年    第9回 飛鴻会書展 /  男若手三人書展 (服部龍太, 三上石鳳, 池田憲亮)_1 2
                   ┣ 2005年    第8回 飛鴻会書展
                   ┣ 2004年    第7回 飛鴻会書展
                   ┣ 2003年    第6回 飛鴻会書展
                   ┗ 2001年    石飛博光 書展 −愛しき世紀−

        ※「飛鴻会書展」は、博光会(代表:石飛博光)の若手グループ展です。
          2006年開催の「男若手三人書展」は、博光会(代表:石飛博光)の若手による書展です。



表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ