表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


刻字,書 柴田友敬 個展 会場スナップ


開催日 …
場所 …

 2006年 (平成18年) 9月 26日(火) 〜 10月 1日(日)
 鳩居堂 画廊 4階  (東京都 中央区 銀座)

「 刻字・書 柴田友敬 個展 」 へようこそ

刻字,書 柴田友敬 個展 - 会場風景刻字,書 柴田友敬 個展 - 会場風景


秋晴れの週末、私は急きょ飛行機に飛び乗った。
やはり見たいという気持ちが強かった。
銀座の鳩居堂画廊である。

すぐに到着できる、という自信があった。
が、しかし簡単には現地につかず、
電車を乗り換えること数回。
やっとの思いで銀座に立った。

それにしても混雑するところだ。
人がひっきりなしに通過し、あれこれ迷う私の姿は、
お登りさんそのもの。
盛んにコインロッカーを捜したが、すべて満杯。
やっとあった!と思ったら、コインロッカーにも入らない
ラージサイズだった。 これまた失敗。
犬のように鞄を引いて歩くが、混雑する店の中では、
異様にスペースのいる客だ。

鳩居堂画廊は一番の人気?と言っても過言ではないほど、
よく混雑していた。
4階に直行すると、明るい風景が飛び込んできた。
色艶やかな刻字作品の数々。 書と刻字と。。。
鑑賞客も後を絶たない。

会場に入るやいなや、明るい色彩が目に飛び込んできた。
花もいっぱいに並んでいた。
顔料の美しさや、木の表情を生かせる作家はなかなかいない。
顔料の美しい色彩が木の中で光っている。

アイデア満載。
作品も立体有り、小品ありで着色の繊細さに目を奪われた。
岩料の美しさ、感性の使い方、何を聞いても刺激を受ける。
会場を出てすぐに画材屋へ直行してしまうほど、色を堪能した。

先生が飛び出してきて、歓迎してくれた。
これは本当にうれしかった。
柴田友敬先生は、わたしの刻字の師匠である。
ふとした御縁でわたしは友敬先生と出会った。

これは本当に奇遇なことだったが、うれしい神の
思し召しだと感じている。
制作に迷っていた一匹狼のわたしには、救いの神である。
書を学ぶわたしがなぜ?と思うのだが、
これは父の遺伝子か何かが、私の血をかき立てるのである。
また、先生の情熱的な説明に心うたれるのである。

先生の刻字の情念は並大抵ではない。
伝えよう。 残そう。 という情熱が伝わってくる。
そういう魂に触れるとき、わたしもまた奮い起こされるのである。
先生の感性に触れ、さっそく画材屋に入る。

いくつかの作品を撮ったが、デジカメを忘れてしまった。
うまく撮れなかったので、作品集からとらせていただきました。
すべての作品を紹介できないことをお許しください。


刻字,書 柴田友敬 個展から
野艸


刻字,書 柴田友敬 個展から
一帰


刻字,書 柴田友敬 個展から



刻字,書 柴田友敬 個展から



刻字,書 柴田友敬 個展から

先頭行へ先頭行へ

刻字,書 柴田友敬 個展から
刻字,書 柴田友敬 個展から
刻字,書 柴田友敬 個展から
山高月上遅


刻字,書 柴田友敬 個展から
幸せ
おばあちゃん
もしかして
おとうさんは
おばあちゃんから
生まれたの
ありがとうねえ
  市村 恵のうた
刻字,書 柴田友敬 個展から 多子多孫並享大壽
有酒有食且樂高人



刻字,書 柴田友敬 個展 - 会場風景
会場風景

刻字,書 柴田友敬 個展 - 作品集
この作品集から
とらせていただきました。

先頭行へ先頭行へ

※ 題字は、展覧会の文字から取らせていただきました。
ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┗  2006年 刻字,書 柴田友敬 個展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ