表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


第8回 加藤裕 書展 会場スナップ

開催日 …
場所 …

 2006年 (平成18年) 9月 28日(木) 〜 10月 4日(水)
 丸栄 美術画廊  [ 丸栄スカイル 8階 ]
  (名古屋市 中区 栄 3-3-1)

「 第8回 加藤 裕 書展 」 へようこそ


名古屋はまだ暖かく、過ごしやすい気候だった。
津軽ではもうストーブの声も聞こえる。
紅葉も加速する秋真っ直中、わたしは意を決して
名古屋へ向かった。

やはり、本物を見たいという一心だった。
加藤 裕先生の作品は、いつも作品集で鑑賞していた。
何冊かたまっている作品集は、いずれも
すばらしいデザインである。
ちょうど東京に上京した勢いで、のぞみ号に飛び乗った。
あいにくの雨模様だった。

地下鉄に乗り、「栄」という駅で下車。
加藤裕書展は、名古屋の繁華街にある百貨店の
ギャラリーで開催されていた。
初めて訪れる場所でもある。
見知らぬ人ばかり、というのもなかなかよいものである。
誰にも気兼ねなくゆったり歩くことができる。
買い物もし放題。。。というわけにはならない。。

なんとか会場にたどり着く。
見るものがみな珍しく楽しく、お上りさん丸出しの格好で
大きな鞄を手に、わたしは会場に入った。

すてきな画廊だ。
そして、あしらいもすばらしい。
花の添え方、表具の感性、「魅せる」という感覚に
こだわりを感じる。
華やかで賑わいのある書展だった。
たくさんの来場者と装いの美しい作品。
その部屋を飾る花のあしらいは、心が洗われるような
気品があり、どの花にも心配りが感じられた。
作品の表具の斬新さは、やはり来場者でなければわからない。
写真で見るのとは全く異なった艶やかさがある。

額の一つ一つ、言葉の一つ一つが、本当に奥深く
興味深いものばかりだった。
パネルの中の一文字一文字が躍っているように、
表情を持っていた。
その動きに釘付けになった。
そっと見て帰ろうと思ったら、親切な応対をいただき、
ひたすらに感激した。

作品集まで頂戴し、穴の開くほど鑑賞させていただいた。
撰文の良さは、やはり本人の人格の深さだと感じる。。。
わたしはその文章に浸り、その表現に魅せられ、
その作品の彩りに心を奪われていた。

すべての作品をご紹介できませんことを、お許しください。


 加藤 裕 氏 略歴
  1952年
  1975年
  1979年
   現在
 名古屋に生まれる
 金子鴎亭 先生に師事
 日展初入選
 (社)創玄書道会理事
 (社)中部日本書道会評議員
 毎日書道展審査会員
 日展会友


加藤 裕 書展 - 会場入口
会場入口




加藤 裕 書展





加藤 裕 書展





加藤 裕 書展





加藤 裕 書展

先頭行へ先頭行へ

加藤 裕 書展 加藤 裕 書展 加藤 裕 書展 加藤 裕 書展



加藤 裕 書展 加藤 裕 書展





加藤 裕 書展 - 会場風景
会場風景

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣  2015年    第51回 書玄展
                    ┣  2014年    加藤 裕 書作展
                    ┣  2013年    第49回 書玄展
                    ┣  2011年    加藤 裕 書展 2011 / イベント
                    ┣  2009年    第45回記念 書玄展
                    ┣  2008年    第44回 書玄展  /    第9回 加藤 裕 書展
                    ┗  2006年    第42回 書玄展  /  第8回 加藤 裕 書展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ