表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


第39回 現代臨書展 会場スナップ


開催日 …
場所 …
主催 …

 2007年 (平成19年) 1月 11日(木) 〜 17日(水)
 東京都美術館  (東京都 台東区上野公園)
 現代書作家協会

「 第39回 現代臨書展 」 へようこそ
第39回 現代臨書展の会場スナップの写真をいただいた。
教え子の今和希子 女史からのプレゼントである。
新春は、なかなか東京に足を運べない。
会場の様子も想像するしかないが、おそらく丹念な
臨書作品で一杯だったことだろう。
第39回という開催も歴史を思わせる。

今年のわたしの作品は、明・清の時代からの臨書をと思い、
何紹基を選んでみた。
わたしにとっては珍しいジャンルである。

何紹基は、行草書、隷書、金文と、ほぼ五体をオールラウンドに
こなした重厚なテク二シャンであった。
非常に魅惑に溢れた書人であるが、臨書するのは難しい。
近年では、故 殿村藍田 氏が日本風の洗練を経て、
高い境地の作品を作られた。

「何紹基を書け」 という、今は亡き師匠の佐藤中隠 先生の
言葉を思い出した。
近代詩文を書くなら 「何紹基を書け」 と言ったのは
なぜだったのか、今になると漠然とだが、わかるような
気がする。


現代臨書展 - 会場風景
会場風景



現代臨書展 - 木村一渓
木村一渓

明・清の作品は、実際に難しい。 リズムもなければならないが、統一感にも溢れている。
一気呵成なところもあれば、飄々とした雰囲気も持っている。 そこが表現のしどころである。

自分では書いて楽しいのだが、表現を完成させるのは難しい。 筆を選ぶことから吟味し、題材に時間がかかった。
もっと奔放に筆を動かしたかったが、まだ迷いがある。 その辺がこれからの課題だと思っている。
あまり書き込んではいなかったので、書きこなすには、さらに時間をかける必要があったと反省している。

この臨書展は、臨書を見直す機会を私に与えてくれる。 だから、初心に返ってまた一歩を踏み出すのである。
なお、掲載作者の敬称は略させていただきましたので、ご了承下さい。

先頭行へ先頭行へ

現代臨書展 - 細川和子
細川和子



 作品の右上部分を拡大しました。。 
現代臨書展 - 細川和子(部分)


現代臨書展 - 三上石鳳
三上石鳳



 作品の右上部分を拡大しました。。 
現代臨書展 - 三上石鳳(部分)

先頭行へ先頭行へ

現代臨書展 - 大川清香
大川清香



 作品の右上部分を拡大しました。。 
現代臨書展 - 大川清香(部分)


現代臨書展 - 小田桐香苑
小田桐香苑



 作品の右上部分を拡大しました。。 
現代臨書展 - 小田桐香苑(部分)

先頭行へ先頭行へ

わたしの出品作は、現代臨書展 の出品作 2 (2007〜現在) でご覧いただけます。


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┃   ┗ 【 現代臨書展 出品規定 】 (ご参考)
                    ┣    2011年 第43回 現代臨書展 / 第44回 現代臨書展
                    ┣    2010年 第42回 現代臨書展
                    ┣    2008年 第40回 現代臨書展
                    ┣  2007年 第39回 現代臨書展
                    ┣    2006年 第38回 現代臨書展
                    ┣    2005年 第37回 現代臨書展
                    ┣    2004年 第36回 現代臨書展 1 2
                    ┣    2002年 第34回 現代臨書展 1 2
                    ┗    2001年 第33回 現代臨書展

       わたしの作品集 (資料編) ━ 現代臨書展の出品状況 (法帖名別の出品傾向がわかります。) 


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ