表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


第4回 玉響書院書作展 会場スナップ


開催日 …
場所 …
主催 …

 2007年 (平成19年) 5月 11日(金) 〜 13日(日)
 弘前市立百石町展示館  (青森県 弘前市 百石町 3-2)
 玉響書院  (代表 西谷昇陽)

「 第4回 玉響書院 書作展 」 へようこそ


5月 12日(土)は、仮名と細字の審査会で弘前にいた。
昼食を頼まずに青森へ行こうとしていた私は、
玉響 (たまゆら) 書院の書道展を運良く思い出し、
さっそ く会場へ直行。

久しぶりに書道展を鑑賞させていただいた。
書道作品を見るのは、3月以来だった。
新学期が始まり、あわただしく時間を過ごしていたため、
やっと癒しの空間に来たような安堵感を覚えた。

このギャラリーは昔の銀行を改造した建物であり、
そのたたずまいも大正時代の趣が残っている。
裏に駐車場が直結しているのも、動きやすくて
訪ねやすいところである。

作品は、豪快さとしなやかさを兼ね備えた精鋭が
その要所を締めている。
のびのびとした空間で、ゆっくりと作品を鑑賞させて
いただいた。

言葉の選び方にもいたく共感した。
喧噪をぬってやっと気持ちがリセットされ、
新しい意欲が湧いてきた。
人間にはこれが必要なんだと一人で納得。。。
会場を後にした。

掲載作者の敬称は略させていただきましたので、
ご了承下さい。

 - - - - - - - - - - - - - - - -
名称の由来  (リーフレットより)
「玉響に昨日の夕べ見しものを今日の朝に戀ふべきものか」
   (『万葉集』 巻十一 二三九一)


玉響書院書作展 - 会場風景
会場風景



玉響書院書作展 - 西谷昇陽
西谷昇陽



玉響書院書作展 - 小野照安
小野照安   臨 王鐸詩巻



玉響書院書作展 - 西谷昇陽
西谷昇陽

先頭行へ先頭行へ

玉響書院書作展 - 三上松風
三上松風
ココ・シャネルの言葉
玉響書院書作展 - 清藤雅峯
清藤雅峯
献壽



玉響書院書作展 - 西谷逸泉
西谷逸泉
和歌一首
玉響書院書作展 - 清藤雅峯
清藤雅峯
大夢
玉響書院書作展 - 増川明倫
増川明倫
五字句
玉響書院書作展 - 吹田牧亭
吹田牧亭
鴻亂
玉響書院書作展 - 田中博英
田中博英
臨 曹全碑

先頭行へ先頭行へ


玉響書院書作展 - 一戸吟月
一戸吟月
心塞淵
玉響書院書作展 - 吹田牧亭
吹田牧亭
勇神
玉響書院書作展 - 会場風景
会場 2階 入口




玉響書院書作展 - 種市光華
種市光華
蘇軾詩の一節
玉響書院書作展 - 会場風景
2階 会場風景

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。



       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┗  2007年 第4回 玉響書院 書作展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ