表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


第37回 溪心展 会場スナップ


開催日 …
場所 …

主催 …

 2007年 (平成19年) 12月 14日(金) 〜 16日(日)
 中三 弘前店 8階 スペースアストロ
  (青森県 弘前市 土手町 49-1)
 溪心書道会  (代表 工藤溪舟)

「 第37回 溪心展 」 へようこそ


雪が舞う寒い日だった。
一度消えた雪が思い出したかのように降りだし、
視界も悪かった。
こもりがちな日は作品鑑賞に限る。

中三 弘前店 8階スペースアストロではゆっくりと時間が流れる。
地階からゆっくりとエスカレーターを利用した。

途中、弘前実業高校の開発新商品を必死に販売する
生徒に会い、意表をつかれてたじろいだ。
まるで応援に駆けつけたかのようなタイミングだったが、
実はすっかりとそのことは忘れていたので ある。

実業高校は、オリジナル商品として 「携帯用折りたたみ箸」
を開発、商品を販売していた。
津軽塗の時間をかけた商品を生徒が一生懸命に
売っていたので、緑と赤の二本を購入した。

スペースアストロは新しいパネルを用意したらしく、
その黒枠が会場に解け合って落ち着いた明るい
印象を与えてくれる。

作品の展示効果もあり、見ていても疲れさせない
スペースである。
刻字作品にはふんだんにアルミニウムが施されており、
白居易の長恨歌全文に取り組んでいる代表(工藤溪舟 氏)
の意気込みが、会場中央を飾っていた。

ベテランの会員は、さすがに練度の高い作品を見せてくれた。
長い時間は鑑賞できなかったが、雪の一日の中では
一番落ち着いたひとときだった。

光線のせいか、あまりキレイには撮れなかったので、
すべてを紹介できなかったことをお侘びします。

掲載氏名の敬称は略させていただきました。


溪心展 - 会場風景
会場風景



溪心展 - 工藤溪舟
工藤溪舟  「長恨歌」
部分を拡大



溪心展 - 小山内玉溪
小山内玉溪



溪心展 - 工藤夕谿
工藤夕谿

先頭行へ先頭行へ

溪心展 - 大内峨石
大内峨石
溪心展 - 葛西大介
葛西大介



溪心展 - 金山逢雪
金山逢雪
溪心展 - 野呂新一
野呂新一

先頭行へ先頭行へ



溪心展 - 工藤溪舟
工藤溪舟
溪心展 - 安田圭吾
安田圭吾
溪心展 - 会場風景
会場風景



溪心展 - 工藤雪溪
工藤雪溪
溪心展 - 会場風景
会場風景

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣    2013年 第43回 溪心展 / 刻字第17回 溪聲展
                    ┣    2012年 第42回 溪心展 / 刻字第16回 溪聲展
                    ┣    2010年 第40回記念 溪心展
                    ┣    2009年 第39回 溪心展
                    ┣    2008年 第38回 溪心展
                    ┣  2007年 第37回 溪心展
                    ┣    2006年 第36回 溪心展
                    ┣    2005年 第35回 溪心展
                    ┣    2004年 第34回 溪心展 / 田澤溪石 遺墨展
                    ┣    2003年 第33回 溪心展
                    ┣    2002年 第32回 溪心展
                    ┗    2001年 第31回 溪心展 / 田澤渓石 PARTV 現代書展 2001


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ