表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


あいちトリエンナーレ2010 オフィシャルショップ三越 企画 〜書 Art Works 菊屋〜 揮毫会会場スナップ
あいちトリエンナーレ2010 オフィシャルショップ三越 企画 〜書 Art Works 菊屋〜 揮毫会会場スナップ


開催日 …
場所 …

 2010年 (平成22年) 8月 18日(水) 〜 23日(月)
 名古屋三越 栄店 7階
 あいちトリエンナーレ 2010  オフィシャルショップ
  (名古屋市 中区 栄 3-5-1 )

「 あいちトリエンナーレ 2010 オフィシャルショップ三越 企画
  〜 書 Art Works 菊屋 〜  席上揮毫会 」 へようこそ

あいちトリエンナーレは、現代美術や、舞台公演など世界最先端の現代アートを世界へと発信しようと
3年に一度行われる国際芸術祭です。
その芸術祭のオフィシャルショップで、書のパフォーマンスが行われました。 その一部をご紹介します。

以下は、当日お手伝いされた 小宇佐久美 さん、福岡香花 さん にお願いして、それぞれ文を書いて
いただきました。   〔 鎌田舜英 〕


先頭行へ先頭行へ


  「後藤啓太 先生 ライブ実演」

名古屋でも一番賑やかな町、栄の三越にて、8月 21日
後藤啓太 先生による 「ライブ実演」 が行われました。

昨日金曜日のライブには仕事の都合で伺えなかった私。
会場を見るなり、びっくり!!
ステージと言えばステージのような、高さ 10cmにも
満たない高さの台がありました。
普段から先生の揮毫を拝見しているので、
これは危険だ!!と心配になりました。

先生は、大きな紙面に体を大きく動かし、
ダイナミックな作品を揮毫されるのです。
これでは踏み外して転んでしまいそうです。。。
それでもライブ実演は始まります。
40分で、お話も織り交ぜながら 5枚もの作品を揮毫。

私の心配は、ただの老婆心でした。。。怪我なく、無事に終わり、、、いや、無事も何も、とても躍動感のあるパフォーマンスで観客を魅了!  流石の一言。
実際の揮毫をご覧になった皆様にはきっと衝撃的であったと思います。

書道は静かに書く。というイメージがあるように思われるので、こんなにも躍動的に紙面を向かっていることは驚きだったのでは。

最近の書道ブームで、このようなライブが増えると嬉しいですね。   〔文 小宇佐久美 さん 〕

あいちトリエンナーレ2010 - 会場風景
名古屋三越の あいちトリエンナーレ2010 オフィシャルショップで
実演をみつめる人たち




あいちトリエンナーレ2010 - 後藤啓太氏
後藤啓太 氏の揮毫風景

先頭行へ先頭行へ


  「川合玄鳳 先生 ライブ実演」

8月 22日(日) 名古屋三越にて
書のデモンストレーションが行われた。

午前 11時、作務衣姿の川合先生が登場。

作品を書かれる前に、墨が飛ばないように、
用意されていたビニールシートを、
ギャラリーの方々に持って頂いた。

赤い毛氈の上、白い紙の上に立つ。
書く前に、目を閉じ、呼吸を整え、書く文字の
イメージを描き、一画目を書き始めた。

マイクを通して、息遣いが会場に響き渡る。

ギャラリーも息をのみ、その勢いに飲み込まれて
いるようだった。

書かれた作品は漢字、旧字体の 「豊」、「六塵」
墨が激しく飛び散っていたり、紙からはみ出して
いたりしているが、最終画の一直線が文字を
引き締め、余白が際立っている。

筆は一定の方向だけの使い方だけではなく、
360°開く。
その開閉の技が、漢字かな交じりの詩文書作品
「決断のとき」 に見え、書かれている姿は、
前後左右に軽やかに動き、ギャラリーを
魅了させていた。

   〔文 福岡香花 さん 〕


あいちトリエンナーレ2010 - 川合玄鳳氏
川合玄鳳 氏の揮毫風景   ( 拡大




あいちトリエンナーレ2010 - 川合玄鳳氏
作品を解説する川合玄鳳 氏   ( 拡大




あいちトリエンナーレ2010 - 川合玄鳳氏
会場前の通路に置かれた大型テレビを見る人たち

先頭行へ先頭行へ


  「加藤 裕 先生 ライブ実演」

相変わらずの解けてしまいそうな酷暑の 8月 22日。
名古屋三越栄本店の 7階 「あいちトリエンナーレ2010
オフィシャルショップ」 にて加藤裕先生による 「ライブ実演」 が行われました。

木曜日の 1回目には、硯と墨に関してのお話が中心でしたので、2回目の今回はお話は“ちょっと”で、初めから書いて書いて書きまくる!ということで、選んだ題材は 『般若心経』。
大胆かつ丹精に、全紙に般若心経を揮毫されました。

普通の写経と言えば、形式に則ったものを想像する方が多いと思いますが、先生は 「そこは自由に!」

揮毫される先生の後ろで (ひっそりとはしていませんが) 粛々と磨墨しながら、私はチェコでの個展で展示した
「写経」 を思い出しました。

読めない般若心経を見て、「Black & White」 が
素晴らしいと言わしめ、チェコの皆さんを魅了したことを!
その作品を実際書いているところを目の当たりに
できることは幸せですね〜。と、シミジミ。。。

かなりの時間がかかると思われたのか、
超ハイペースの揮毫! 30分で押印して、完成!!
思いのほか、早く書き上げられ、びっくり!!
ここで、私の磨墨のペースもややスローに(笑)

さて、あと 10分、何か書かれるのかしら??
と思っていたら、最後に全紙に淡墨で 『雪月花』 ♪
般若心経とはまた違った作品に出会え、喜び一入♪

40分という短い時間でしたが、とても有意義な
時間を過ごせ、感謝感謝で合掌。
   〔文 小宇佐久美 さん 〕


あいちトリエンナーレ2010 - 加藤裕氏
加藤 裕 氏の揮毫風景   ( 拡大




あいちトリエンナーレ2010 - 加藤裕氏
加藤 裕 氏の揮毫風景   ( 拡大




あいちトリエンナーレ2010 - 加藤裕氏
会場前の通路に置かれた大型テレビを見る人たち

先頭行へ先頭行へ



この揮毫会は、期間中(8/18〜 23)オフィシャルショップ三越に出店していた書道用品の専門店 (有)菊屋商店 によるデモンストレーションライブです。

お忙しい中、文を書いていただいた小宇佐久美さんと、福岡香花さんに心から
感謝いたします。   鎌田舜英


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                   ┗  2010年 あいちトリエンナーレ2010 オフィシャルショップ三越 企画 揮毫会スナップ


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ