表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある墨豊会書展

第30回記念 墨豊会書展 会場スナップ

会期 … 2010年 (平成22年) 9月 3日(金)〜 5日(日)
会場 … 豊田市民文化会館 (愛知県 豊田市)
主催 … 墨豊会 (代表 佐々木ー邦)

「 第30回記念 墨豊会書展 」 へようこそ


愛知県 豊田市で行われた墨豊会書展を紹介します。
以下の紹介文は、墨豊会の物部浩子氏に書いていただきました。 (鎌田舜英)


  - - - - - - - - - - - - - - - - - -


残暑厳しい中、「第30回記念 墨豊会書展」を盛会の中、無事に終えることができました。

毎年、3日間という短い会期ではありますが、今年も 1,510名という、多くの方々に来場していただくことができました。

墨豊会書展とは、代表である佐々木ー邦の弟子や孫弟子で構成されたグループ展です。

今展は記念展ということもあり、出品者 74名、作品総点数 120点という、会場の豊田市民文化会館 全展示室から、溢れんばかりの展示となりました。

会場は、大作品コーナーと、小作品コーナーに分けられており、大作品コーナーには、縦横それぞれ 9尺 (約 270cm) 以上もあるような作品を、何点か展示することができました。

作品の大きさに驚かれる方、作品内容に自らの想いを重ねてみえる方、その作品の制作風景や、実際に使われた筆や墨などに興味を持たれる方など、お客様の反応を、間近で感じられるのも、私たち出品者にとっては、楽しみであり、励みにもなり、またドキドキする瞬間でもあります。

特に、代表の離洛帖の全臨作品は、花押まで正確に表現された、見応え充分の大作品でした。
この作品の前で、自ら話された歴史的背景も含めた作品解説には、興味深く耳を傾けていた来場者も、多く見られました。

また今年は、高大生の参加も増え、初の試みである合同臨書作品は、いっしょに練習できる機会が限られているにもかかわらず、一般会員も驚くほどの息の合った作品に仕上がっていました。

小作品コーナーでは、雰囲気もガラリと変わり、暮らしの中のインテリアとして活用できる作品を、多く展示することができました。

表装の多様さを楽しまれたり、のぞきこむように作品に近寄って、熱心に鑑賞される方々の姿も目立っておりました。

代表は、大作品と小作品の違いについて「今までのすべて、人生のすべてを筆先に込め、気迫で書くのが大作品。 肩の力を抜いて、楽しんで書くのが小作品だ。」と、説いてくれます。

30回記念展を迎えることができた墨豊会といえども、まだまだその様に楽しんで小作品を仕上げている会員は、それほど多くはいません。

第 1回から出品し続けてる先輩方にとっては、30回という節目を迎えた今展に対する想いは、どれほど感慨深いものであったことでしょう。

今展を終えた今、会員一人一人が新たなスタートラインに立ち、三河の地豊田から、墨豊会らしさを存分に活かした書作品を今後も発信し続けていきたいと思っています。

(文 墨豊会 物部浩子 氏)



 作者名の横 (下) の かぎカッコ 「  」 内は、
 作品名です。


 作品のみの掲載作者の敬称は略させて
 いただきましたので、ご了承下さい。



墨豊会書展 - 大作品コーナーの会場風景
大作品コーナーの会場風景

墨豊会書展 - 佐々木ー邦氏
墨豊会代表  佐々木ー邦 氏  「臨 離洛帖」

墨豊会書展 - 杉坂育子
杉坂育子  「沸点」

墨豊会書展 - 界外玉桜氏
界外玉桜 氏  「清晨入古寺 (常建)」

墨豊会書展 - 山岸邦山氏
山岸邦山 氏  「情熱帰花」

墨豊会書展 - 佐藤寛山氏
佐藤寛山 氏  「渡り」

墨豊会書展 - 会場風景
会場風景

先頭行へ先頭行へ


墨豊会書展 - 清水翠香氏
清水翠香 氏
「此処」
墨豊会書展 - 山田京子氏
山田京子 氏
「臨 左叙繍」


墨豊会書展 - 鈴木美都子氏
鈴木美都子 氏
「天空馳」
墨豊会書展 - 小林加奈氏
小林加奈 氏
「おねがい」
墨豊会書展 - 物部浩子氏
物部浩子 氏
「ひとりの手」

先頭行へ先頭行へ

墨豊会書展 - 清水汀華氏
清水汀華 氏
「一丸」
墨豊会書展 - 会場風景
会場風景


墨豊会書展 - 小作品コーナーの会場風景
小作品コーナーの会場風景
墨豊会書展 - 小作品コーナーの会場風景
小作品コーナーの会場風景



墨豊会 連絡先

<自宅アトリエでのお稽古日と時間 (大人の場合)>
 水曜日 午前の部  10:00 〜 12:00
     午後の部  13:00 〜 15:00
 金曜日 夜間の部  19:00 〜 21:00

 ※ 基本的に月4回で、古典の臨書を中心とした内容です。

先頭行へ先頭行へ

※ 題字は、展覧会の案内ハガキから取らせていただきました。

ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣ 2017年    第37回 墨豊会書展
                    ┣ 2012年    第32回 墨豊会書展
                    ┣ 2010年  第30回記念 墨豊会書展
                    ┗ 2009年    第29回 墨豊会書展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ