表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


第38回 日本の書展 青森展、第10回 青森県書道展 会場スナップ


開催日 …
場所 …
主催 …

 2010年 (平成22年) 9月 9日(木)〜 13日(月)
 青森市民美術展示館  (青森市 新町 2-7-1)
 (財)全国書美術振興会、共同通信社、
 青森県書道振興会議、東奥日報社

「 第38回 日本の書展 青森展  /  第10回公募 青森県書道展 」 へようこそ


雨の中、車を走らせた。
雨脚は強く、こんな日に鑑賞者は
いるのだろうかと心配にもなる。

しかし、思いの外会場には鑑賞者がいた。
それも熱心な鑑賞者ばかりであり、
熟達した書の愛好者にも見えた。

「日本の書展」 は全国を巡回し、ほぼ終盤。
現代の書壇を代表する書道家の作品を生で
見られるのなら、期待は高まり、雨など
なんのそのである。

故 吉田成堂 先生の作品を目にした。
お元気だった頃の先生が今にも映像となり、
作品をご指導いただいた思い出も懐かしく切ない。


「青森県書道展」 は地元の作家の書の祭典である。
市民美術展示館では青森県書道展も開催されており、
会場は賑わっていた。

出品数は 256点。
そのほとんどは漢字作品が多い。
篆刻・刻字作品は 5点。
墨象はないのが残念だった。
私は毎年出品することに意義がある、
という精神で出し続けている。

出し続けることも才能だ。
考えてみれば、20歳の頃から毎年休むことなく、
出品だけはつづけてきた。
このままずっと迷うことなく書き続け、
出し続けるのだろうか。。と先のことを
考えるたびに迷路に入るが、書の世界とは
そういうものなのだろうと思う。

青森県書道展 受賞者の作品は、
見覚えのある会の仲間だったりする。
本人はいないが、本人の気持ちで作品を鑑賞し、
うれしい気持ちで写真に収めた。
受賞もまた新たな作品制作の励みとなる。
たくさんの人たちの支えや励ましになっていたら
うれしい。


  掲載作者の敬称は略させて
  いただきましたので、ご了承下さい。



 日本の書展 青森展 

日本の書展 青森展 - 会場風景
会場風景



日本の書展 青森展 - 吉田成堂
吉田成堂



日本の書展 青森展 - 会場風景
会場風景



日本の書展 青森展 - 石飛博光
石飛博光

先頭行へ先頭行へ


 青森県書道展 

青森県書道展 - 会場風景
会場風景
青森県書道展 - 会場風景
会場風景

先頭行へ先頭行へ

※ おことわり
 ・ 「日本の書展」 の題字は、展覧会のパンフレットから取らせていただきました。

わたしの出品作は、青森県書道展 の出品作 1 (2001〜2010) でご覧いただけます。


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ

            日本の書展 ╋  2017_青森展 /
                    ┃  2016 青森展 / 2014_青森展 / 2013_青森展 /  2011_青森展 (1) (2) /  2010_青森展
                    ┗  2009_中部展 (1) (2) / 2008_中部展 (1) (2)

          青森県書道展 ┳  2017 /
                    ┃  2016 / 2014 / 2013 / 2011 (1) (2) /  2010 / 2009 / 2008 / 2007 / 
                    ┗  2006 / 2005 / 2004 / 2003 / 2002 / 2001 / 2001 会発足記念・会員展



表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ