表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある


弘前大学書道クラブ、弘前学院大学書道部主催 2010年 大学書道展 会場スナップ


開催日 …
場所 …
主催 …

 2010年 (平成22年) 12月 3日(金) 〜 5日(日)
 弘前市立 百石町展示館  (青森県 弘前市 百石町 3-2)
 弘前大学 書道クラブ  弘前学院大学 書道部

「 第20回 大学書道展 」 へようこそ


12月 3日(金) 〜 5日(日)に、第20回 大学展を
弘前市百石町展示館にて開催した。

大学展が発足してから、もう20周年を迎えたそうだ。
平成元年に、わたしは弘前学院大学の書道教員と
して教壇に立った。

若かったせいか無くなっていた書道部を再開し、
授業選択者全員に作品を書かせて展示活動をしたり、
活発に合宿をしたりしていたと思う。
その頃の学生はもうとっくに親となり、立派な
社会人として活躍している。

上京し書道家として活躍している卒業生も輩出できた
のは、大学で指導に関わることができた縁による
ものだと、今は感謝している。

20周年という節目にみんなが集まり、今年は
懇談会をしようというので、百石町展示館の
真向かいにあるワイン食堂で、卒業生も交えた
ささやかな祝賀会が行われた。

遠く名古屋や東京から駆けつけてくれた卒業生もおり、
その成長ぶりをみるにつけ、歴史を感じずには
いられない。

作品は年輪の数だけ、確実に成長していた。
それに比べると、現役学生の作品はまだまだとは
言えるが、長い目で継続する学生がそれに
見合った力を身に付けることができるのだと思う。
「継続は力なり」 というのは本当だった。



大学書道展 - ご感想をお願いします。
ご感想をお願いします。



大学書道展 - 展示室は2階にもあります。
展示室は2階にもあります。



大学書道展 - 釈文の下に写真があるね。
釈文の下に写真があるね。

先頭行へ先頭行へ


大学書道展 - 「20周年」という形の中に、みんなが作品を盛り込みました。
「20周年」 という形の中に、みんなが作品を盛り込みました。
大学書道展 - 2階の3つ目のお部屋です。
2階の3つ目のお部屋です。 (現役学生のお部屋)

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣    2014年 第24回 大学書道展
                    ┣    2012年 第22回 大学書道展
                    ┣    2011年 第21回 大学書道展
                    ┣  2010年 第20回 大学書道展
                    ┣    2008年 第18回 大学書道展
                    ┣    2007年 第17回 大学書道展
                    ┣    2006年 第16回 大学書道展
                    ┣    2005年 第15回 大学書道展
                    ┣    2004年 第14回 大学書道展
                    ┣    2003年 第13回 大学書道展
                    ┣    2002年 第12回 大学書道展 / 準備の巻 / 大学合同書道展
                    ┣    2001年 第11回 大学書道展
                    ┗    2000年 第10回 大学書道展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ