表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある 加藤裕書展 2011

ヴァイオリンと書のコラボレーション 会場スナップ

会期 … 2011年 (平成23年) 10月13日(木) 午後7時 開演
会場 … stageあうん (名古屋市東区徳川町 2009)
主催 … 書玄会 (代表 加藤裕)

「 ヴァイオリンと書のコラボレーション 」 へようこそ


名古屋で行われた 「ヴァイオリンと書のコラボレーション」を紹介します。
以下の文は、書玄会(代表 加藤裕氏)会員の長谷川春汀さんに書いていただきました。
     (鎌田舜英)


  - - - - - - - - - - - - - - - - - -


チェコでの書道講座交流に始まり、加藤裕先生のチェコへの想いは膨らんで、その想いが、平成23年10月13日に、ヴァイオリンと書のコラボレーションとして実現しました。

初めての試みにも関わらず、「芸術に国境なし」のとおり、チェコ在住のヴァイオリニスト ヴィエラさんの奏でる調べと、運筆が一体となって、会場を魅了しました。

ヴァイオリンと書の共演は、二部構成から成り、第一部では、来年度社中展のテーマ 「宇宙」 に重ね、谷川俊太郎詩「二十億光年の宇宙」と今年、加藤裕書展 2011 のテーマでもある万葉集から「花の色は・・・」「あかねさす・・・」の二首を揮毫されました。

第二部では、テーブルに敷いた緋色毛氈の上で「雪・月・花」を一文字ずつと、宮沢賢治の詩「雨ニモマケズ」 を揮毫されました。

今回の趣向は、照明を落とした幻想的な空間でヴァイオリンの調べに併せて揮毫し、演奏の終わる都度、照明を明るくして作品披露を行うもので、聴覚と視覚を交互に楽しめた素晴らしいコラボとなりました。

      ( 文 長谷川春汀さん )



※ おことわり
 会場が暗いため、見づらい画像が多くあります。
  ご了承下さい。

  また、画像下のリンク(拡大)は、すべて別ウインドウで開きます。



ヴァイオリンと書のコラボレーション - 開演前の打合せ
開演前の打合せ

ヴァイオリンと書のコラボレーション - 「二十億光年の宇宙」を書く
第一部 「二十億光年の宇宙」を書く

ヴァイオリンと書のコラボレーション - 会場風景
会場風景

ヴァイオリンと書のコラボレーション - 「万葉集」を書く
第一部 「万葉集」を書く

先頭行へ先頭行へ


ヴァイオリンと書のコラボレーション - 「万葉集」を書く
第一部 「万葉集」を書く
ヴァイオリンと書のコラボレーション - 「雪・月・花」を書く
第二部 「雪・月・花」を書く



ヴァイオリンと書のコラボレーション - 「雨ニモマケズ」を書く
第二部 「雨ニモマケズ」を書く  拡大
ヴァイオリンと書のコラボレーション - 「雨ニモマケズ」を書く
第二部 「雨ニモマケズ」を書く  拡大

先頭行へ先頭行へ



ご覧いただき、ありがとうございました。

会期中に開催された 加藤裕書展 2011 もご覧下さい。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣  2018年    第54回 書玄展
                    ┣  2015年    第51回 書玄展
                    ┣  2014年    加藤 裕 書作展
                    ┣  2013年    第49回 書玄展
                    ┣  2011年    加藤 裕 書展 2011 /  イベント
                    ┣  2009年    第45回記念 書玄展
                    ┣  2008年    第44回 書玄展  /    第9回 加藤 裕 書展
                    ┗  2006年    第42回 書玄展  /    第8回 加藤 裕 書展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ