表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある

鎌田舜英 特別展 会場スナップ

会期 … 
会場 … 平川市柏木町コミュニティセンター
     (青森県平川市柏木町東田 167番地)
主催 … 平川市柏木町

「 鎌田舜英 特別展 」 へようこそ


町内の文化祭に特別展で作品を出品して欲しい
という依頼があった。
「県知事賞受賞記念に。」 というお話である。

せっかくの好意を無にしてはいけないと思い、
急きょ作品をかき集め展示に至った。

11月 19日・20日の週末だった。
18日には夜遅くみんなが町内の公民館に集合。
たくさんのパネルを搬入。

「腰やられでる。。」 「あ、わもだ。。。」 などなどと、
男性群が終結し、頼もしいほどにパネルは組み立て
られた。
わたしも手伝うが、男性の力にはかなわない。
パネルは 8尺の作品が悠々と展示できる高さに、
そそり立って並んだ。

町内の方々の作品が一同に集まる中、
わたしの作品は10点。
「スペースとりすぎ?かな。」 と思うほど、みんなの
スペースよりも広くもうけて頂いたコーナーを、
なんとか埋めて終了。
8尺の作品は詩文書と漢字。 臨書作品は 3点。
刻字を1点挿入。
あとはバラエティに 4点の詩文書をチョイス。
ささやかに展示した。

当日(19日) 思いもかけず、お花が届いたり、
遠方からやってきてくれる方々もおり、びっくり。。。
しかし、嬉しかった。

「わたしの作品を見るために、足を運ぶ人など
いるのだろうか。」 という思いがあるので、
足を運んで下さった方々には、ただただ頭が下がった。

翌日(20日)は午前中で展示は終了。
片付けは加速度的に速い。
「恐れ入ります。。。」 と深々頭を下げたら、
「いやいや、これからりんご娘が来るからの。。。
はやぐ片付けねば。。。」 と言う。

まさしく、「むべなるかな。」 である。



鎌田舜英特別展 - 会場右風景
会場右風景 (主に臨書作品)




鎌田舜英特別展 - 会場正面
会場正面 (真ん中の作品が県知事賞受賞作)




鎌田舜英特別展 - 木簡と泉谷明さんの詩。刻字は、禅語。
木簡と泉谷明さんの詩。 刻字は、禅語。




鎌田舜英特別展 - 左が、寸松庵色紙の臨書。真ん中は、俳句作品。
左が、寸松庵色紙の臨書。 真ん中は、俳句作品。

先頭行へ先頭行へ


鎌田舜英特別展 - 左壁面全景
左壁面全景
平川市柏木町文化祭 - パネル裏側には近所の方々の作品がありました。
パネル裏側には近所の方々の作品がありました。
(父・母の作品も)



平川市柏木町文化祭 - 左側は、写真コーナー。 「子ども達も頑張って書いたね。」
左側は、写真コーナー。 「子ども達も頑張って書いたね。」
平川市柏木町文化祭 - 手作りの手工芸作品
手作りの手工芸作品



平川市柏木町文化祭 - 「器用な人ばかりだね。」
「器用な人ばかりだね。」
平川市柏木町文化祭 - 「子ども達の作品は見ていても楽しいね。」
「子ども達の作品は見ていても楽しいね。」

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                   ┣ 2011年  鎌田舜英 特別展
                   ┣ 2008年    今和希子 書展
                   ┣ 2006年    男若手三人書展 (服部龍太, 三上石鳳, 池田憲亮)_1 2
                   ┗ 2002年    書の三人展 −工藤和洋・三上将義・村井正佳による−


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ