表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある

第37回 全国高等学校総合文化祭 長崎大会 書道部門 会場スナップ

会期 … 
会場 … 佐世保市体育文化館 (長崎県佐世保市)
主催 … 文化庁、社団法人全国高等学校文化連盟 他

「 第37回 全国高等学校総合文化祭 長崎大会  書道部門 」 へようこそ


長崎に出発したのは、静岡の合宿から帰ってすぐのことだった。
急いで荷物を詰め替え、着替えを持ってすぐに出発した。 幸い体が元気だった。

生徒も元気だった。 なかなか行こうと思っても九州はやはり遠い。
大会があってこその出発である。 作品はもう出品済みである。 生徒は交流会も心配ではなさそうで、とても頼もしかった。

天気も良かったので飛行機は無事に飛び、しかし乗り換えながらの移動は結局一日がかり。
さすがに暑かった。

生まれて初めて日傘と言うものを買った。
日差しが痛いと思ったのも、生まれて初めてだった。
せっかく日傘を買うという気持ちになったので、思い切っておしゃれな傘にした。
下はジャージなのに、傘だけは貴族だった。

ホテルは弓張りの丘ホテルというところだったが、温泉だった。 温泉好きの私には願っても無い。
小高い山の上にあり、夜は夜景がきれいだった。
私は朝も晩も温泉に入り、足裏マッサージ機を堪能した。

会場は佐世保市体育文化館という場所だったが、ギャラリーから一望できる会場風景と隣接した交流会会場とはつながっており、快適な移動をすることができる。
作品も全国からの出品であれば、作品数も313点になっていた。

一巡してそのレベルの高さには脱帽する。
しかし、大人の世界の作品とさして変わらないのは、なぜか残念である。
どういった方向性が望ましいのであろうと考えも逡巡する。

交流会は大きな会場がびっしりになるほどの参加者で溢れ、引率者は上からもサイドからも必死に見守っている。
みんなで作品を書き、鶴の灯篭に貼り付けて点灯。幻想的な灯篭を完成したり、扇面に文字を書いたりしてグループごとに生徒は交流。
すぐに仲良くなって話を弾ませている。
扇面にも一気に揮毫する姿は、さすが代表たち。

ひと夏の思い出深い1シーンである。




 画像下にあるリンク「拡大する」は、別ウインドウで開きます。


 全国高総文 長崎大会 - 会場入口 
会場入口


 全国高総文 長崎大会 - 開会式です 
開会式です


 全国高総文 長崎大会 - 「さあ、作品はどこ?」 
「さあ、作品はどこ?」


 全国高総文 長崎大会 - 展示風景全貌? 
展示風景全貌?


 全国高総文 長崎大会 - 「みんな上手だね〜。」 
「みんな上手だね〜。」

先頭行へ先頭行へ


 全国高総文 長崎大会 - 「自己紹介します。。。」 
「自己紹介します。。。」
 全国高総文 長崎大会 - 「何書く?」 
「何書く?」



 全国高総文 長崎大会 - 精神集中 
精神集中
 全国高総文 長崎大会 - 「わたしの作品はどこかな?」 
「わたしの作品はどこかな?」



 全国高総文 長崎大会 - 灯篭に明かりが点りました。 
灯篭に明かりが点りました。   拡大する
 全国高総文 長崎大会 - 扇面を持って作品の前で記念撮影です。 
扇面を持って作品の前で記念撮影です。   拡大する

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣    2016年 第40回 全国高等学校総合文化祭 広島大会 書道部門
                    ┣  2013年 第37回 全国高等学校総合文化祭 長崎大会 書道部門
                    ┣    2006年 第30回 全国高等学校総合文化祭 京都大会 書道部門_1 / 2
                    ┗    2005年 第29回 全国高等学校総合文化祭 青森大会 書道部門


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ