表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある

第44回 日本の書展 青森展、第16回公募 青森県書道展 会場スナップ

会期 … 〜 
会場 … 青森市民美術展示館 全館 (青森市新町 2-7-1)
主催 … 全国書美術振興会、共同通信社、青森県書道振興会議、東奥日報社


「 第44回 日本の書展 青森展  /  第16回公募 青森県書道展 」 へようこそ


9月11日(日)は晴天の秋晴れ。
国道7号線を車で走ること約一時間半ほどで、会場であるホテル青森には到着する。

社中からはたくさんの受賞者が出たので、今日はいつもより華やいだ衣装でたくさんの書友が集まっていた。
わたしが到着したのは、ちょうど授賞式のリハーサル中。
着々と席につく受賞者の晴れやかな姿を眺めながら、わたしも指定の席に着席した。

ホテル青森のメイン会場は、天井が高く豪華である。
会場の風格が授賞式の品格も高めてくれていると思う。

式の終了後は、祝賀会。
円形テーブルに並ぶ料理を一つずついただきながら歓談が始まる。

書道の話、練習の話など、話題も多岐に渡るが、日頃これといったネタも無い私にはすべてが新鮮だから不思議だ。
食事は殊の外おいしく、お酒はいただくことはなかったが、快適な気候の中、盛大に終了することができた。


展覧会場へ着いたら、たくさんの鑑賞者が訪れていた。
日本の書展との併催は、効果的だと思う。

書壇を代表する先生方の作品を、併せて鑑賞できるのがうれしい。
錬度の高い作品は、構図が普通であっても魅力的である。
線の質の高さは、やはり修練だと思った。
線で魅せる作品でありたいと思う。



 展示風景(美術展示館1階ロビー) 
展示風景(美術展示館1階ロビー)

 展示風景(日本の書展) 
展示風景(日本の書展)

 4階の様子 
4階の様子

先頭行へ先頭行へ



 3階の様子 
3階の様子
 3階 展示風景 
3階 展示風景




 2階 受賞作品の前で 
2階 受賞作品の前で
 「私の作品はどこかな?」 
「私の作品はどこかな?」


先頭行へ先頭行へ

※ おことわり
  • 「日本の書展」の題字は、展覧会のパンフレットから取らせていただきました。


わたしの出品作は、青森県書道展 の出品作 2 (2011〜現在) でご覧いただけます。


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ

            日本の書展 ╋  2016_青森展 / 2014_青森展 / 2013_青森展 /  2011_青森展 (1) (2) / 2010_青森展
                    ┗    2009_中部展 (1) (2) / 2008_中部展 (1) (2)

          青森県書道展 ┳  2016 / 2014 / 2013 / 2011 (1) (2) / 2010 / 2009 / 2008 / 2007 / 
                    ┗    2006 / 2005 / 2004 / 2003 / 2002 / 2001 / 2001 会発足記念・会員展



表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ