表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある烏城書展

 2018年 烏城書展 会場スナップ 

会期 … 
会場 … 黒石市西部地区センター (青森県 黒石市)
主催 … 烏城会 (代表 佐藤守峰)

「 第48回 烏城書展 」 へようこそ


第48回展である黒石市の「烏城書展」に行ったのは、5月13日(日)の午前11時頃だった。

黒石市の西部地区センターは、黒石小学校の後ろ側に立地している。

曲がり角の要所には、筆書きによる達筆の看板が立てかけられていた。

看板が毛筆であるというのは最近では珍しく、しかも素晴らしい筆勢を湛えており、清清しい五月の書展らしい動きのある文字だった。


烏城という言葉は、黒石城の門が昔は黒かったことから名づけられた由緒ある言葉である。

烏城書展もまた、48回を数える由緒正しい歴史がある。

私が知る限り、白戸木鶏先生や工藤如風先生など、昔から立派な先生方が在籍し、書の盛んなところである。


会場の入口には椿や楓や桜など、旬の花々が大きな花器に添えられており、会員の意気込みを感じることができた。

特に、代表の佐藤守峰先生は、大作から小品まで8点の作品を精力的に発表し、会場を盛り立てていた。

作品では、少字数の「一怒一老」や、徳川家康の言葉は、心に迫る言葉ばかりで印象に残った。


会場では、偶然七戸町の石橋青紅先生ともお会いすることができたので、楽しく作品を鑑賞し、充実した時間を過ごすことができたことを、心からうれしく思っている。



※ 画像下にある 「拡大する」 をクリックすると、新しいウィンドウが開きます。



 2018 烏城書展 - 会場入口前の看板です。 
会場入口前の看板です。

 2018 烏城書展 - 熱心に作品を鑑賞しています。 
熱心に作品を鑑賞しています。
拡大する

 2018 烏城書展 - 会場中央に鎮座する「徳川家康のことば」 
会場中央に鎮座する「徳川家康のことば」
拡大する

先頭行へ先頭行へ



 2018 烏城書展 - 「たうたうと滝の落ち込む茂り哉」(井上士朗句)を解説する佐藤先生 
「たうたうと滝の落ち込む茂り哉」(井上士朗句)
を解説する佐藤先生
拡大する
 2018 烏城書展 - 中央にある作品が工藤如風先生の作品です。 
中央にある作品が工藤如風先生の作品です。
拡大する



 2018 烏城書展 - 「一怒一老」 
「一怒一老」
 2018 烏城書展 - 先生方と一緒に写真を撮りました。 
先生方と一緒に写真を撮りました。
(中央は、烏城会代表の佐藤守峰 氏)

先頭行へ先頭行へ

※ 題字は、展覧会のパンフレットから取らせていただきました。

ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┗ 2018年  第48回 烏城書展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ