表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある

 蔵多龍子書展・クラタトシオ展 会場スナップ 

会期 … 
会場 … ギャラリーそら (鳥取市)

「 蔵多龍子 書展 ・ クラタトシオ展 」 へようこそ
 蔵多龍子氏 近影   〔略歴〕

1958年(昭和33年)鳥取市生まれ

宮崎葵光・松本宏揮・今井凌雪・
村上翠亭・伊藤伸 各氏に学ぶ

展覧会名の「クラタトシオ」は本名



2018年9月25日、この日私は、生まれて初めて「特急スーパーはくと1号」に乗った。

京都駅午前7:06分発の鳥取県倉吉行きである。

9月21日〜25日の会期で開催されていた「蔵多龍子書展」を鑑賞するためであるが、この日は最終日だったので、京都に前泊し、早朝急いで出発したのである。

蔵多龍子氏とは、同じ教科を指導する高校教諭仲間である。

仲間というよりは、私が最も尊敬する人物と言っても過言ではない。

何より碩学の人である。

知識とたゆまぬ追究心と幅広い視点を持つ人である。

その視点は、書道にとどまらず美術や音楽に至るまで、本当に広い。

彼は、かねてより時間をかけて作品と向き合ってきた。

幅広い視点に立った彼の作品は、長年の創意の結晶である。

その労作は直接鑑賞し、お祝いをしてあげたかったのである。


「ギャラリーそら」は、駅からさほど遠くもない商店街の一角にある。

1・2階からなるガラス張りのモダンなギャラリーでは、蔵多龍子の作品が一階に展示され、クラタトシオという作家の視点から完成した表現作品が、2階ギャラリーのスペースに鎮座していた。

会場は所狭しと鑑賞者であふれていた。

書作家・蔵多龍子は漢字から仮名・調和体から篆刻まで、桁外れのオールラウンドプレイヤーである。

書体を問わず、どの作品も完成度を極めている。

あるときは緻密にあるときは豪快に、表現領域も広く見ていて飽きることはない。

静から動へ・・・。
それは時間をかけて熟成したものばかりである。

制作の合間に、彼は文章も書く。

推敲を重ねた著作や作品からは、彼がいかに深く物事を見つめてきたか・・・を窺い知ることもできる。

型にはまらない視点で制作する彼の作品は、あるときは洗練された技術で、あるときは意表を突く発想でたくさんの人を魅了していた。

「字で遊ぶ」・「墨で遊ぶ」・「形で遊ぶ」・「次元で遊ぶ」クラタトシオの眼は、芸術的視点の改変を常に訴えているようだ。

音楽的アプローチの音符の彩りや立体作品などは、すでに美術作品である。

箱を開けたらそこにも作品が・・・。

彼自身が、制作を楽しんでいるようにも見える。

来場者は老若男女、地域の方々から卒業生まで、幅広い方々に支持されている様子を知ることができた。

そしてどの作品にも、作者の清品さが感じられるものばかりであった。
  




 「ギャラリーそら」の外観 
「ギャラリーそら」の外観

 会場風景 
会場風景

 春道列樹の歌 
春道列樹の歌

 百人一首 
百人一首

 そつ啄同時 
 そつ 啄同時

先頭行へ先頭行へ



 立体作品「旅・・・・」 
立体作品「旅・・・・」
 風林火山(箱の中身は・・・。) 
風林火山(箱の中身は・・・。)


 和光同塵 
和光同塵
 サンドボックス 
サンドボックス

先頭行へ先頭行へ

※ おことわり  作者近影は、2018年9月21日の日本海新聞から抜粋しました。

ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                   ┗   2018 蔵多龍子書展・クラタトシオ展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ