表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある

2018 青森県高等学校総合文化祭 書道部門 会場スナップ

会期 … 
会場 … 協同組合タッケン美術展示館 (青森市民美術展示館)
     全館 (青森市新町 2-7-1)
主催 … 青森県高等学校文化連盟、青森県教育委員会

「 第39回 青森県高等学校総合文化祭 書道部門 」 へようこそ


青森市は、曇天。
朝晩の冷え込みは厳しくなり、秋風と言えど肌には冷たく感じられる日が続いた。

 
今年は、「協同組合タッケン美術展示館」が書道部門の開催場所である。 生徒は9人。

黒石高校は、3×8尺の作品を2点。
2×8尺作品を3点。
全紙作品3点と、刻字作品1点の計9点を出品していた。

 
制作は、夏休みに集中して完成をするばずだったが、今年も夏は酷暑。
制作する気力も失せるほど、毎日が暑い。

遅々として進まなかった制作も、9月にはやっと焦り始めるが、すぐに考査突入。
その後は、土曜日も日曜日も、部活動は続いた。

 
作品が完成したのは、10月に入ってからである。
表具にもギリギリで作業をお願いした。

今年の審査員は、和洋女子大学の湯澤 聡 教授である。

 
各校の代表として選抜された約300点の作品は、展示館1階から4階まで、壁面一杯に展示されていた。

「漢字の書・仮名の書・漢字仮名交じりの書・刻字・篆刻」と書のジャンルは幅広い。

生徒には、前衛作品にも挑戦させたり、仮名は臨書をさせた後、百人一首で3×8尺の額に作品を配置したり、生徒の作品も個性がかぶらないように、いろいろな種類の作品を試行錯誤しながら制作した。

 
またこの書展は、来年度 全国高等学校総合文化祭 佐賀大会への出場権をかけた大会でもある。

 
日々の部活動を通じて積み上げられた努力が、一つの作品に凝縮した緊張感溢れる作品ばかりだったと思う。

 
掲載作者の敬称は略させていただきましたので、ご了承下さい。



 4階展示室の様子 
4階 展示室の様子

 「これは全国大会出品作品だね。」 
「これは全国大会出品作品だね。」

 2階展示室の様子 
2階 展示室の様子

 協同組合タッケン美術展示館 (青森市民美術展示館)前の看板 
協同組合タッケン美術展示館 前の看板

先頭行へ先頭行へ


 黒石高校1年 金田笑瑠の作品 
黒石高校1年 金田笑瑠の作品
 黒石高校2年 鶴谷まみの作品 
黒石高校2年 鶴谷まみの作品
 黒石高校3年 中田沙季の作品 
黒石高校3年 中田沙季の作品


 受賞作品の前で「あっ、金色の墨だ!」 
受賞作品の前で「あっ、金色の墨だ!」
 作品の講評会 
作品の講評会

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                   ┃
                   ┣ 【青森県高等学校 総合文化祭 書道部門】
                   ┃ 2018年 / 2017年 / 2016年 /
                   ┃   2013年 / 2012年 / 2011年 / 2010年 / 2009年 / 2008年 / 2007年 /
                   ┃   2006年 (1) (2) / 2005年 / 2004年 / 2003年 / 2000年
                   ┃
                   ┗ 青森県高等学校文化連盟 書道部 津軽地区 高校書道展
                        2018年 / 2016年 / 2015年 / 2014年 /
                        2013年 / 2012年 / 2011年 / 2010年 / 2009年 / 2008年 /
                        2007年 / 2006年 / 2005年 / 2004年 / 2003年


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ