表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある

改組 新 第5回 日展 会場スナップ

会期 … 
会場 … 国立新美術館 (東京都)
主催 … 社団法人 日展

「 改組 新 第5回 日展 」 へようこそ


11月1日(木)は上京。
日展の祝賀会に参加するためだった。

正直言って、自分が再び「日展に入選」ということはないだろうと思っていた。

突然電報を頂き、たくさんの方々からお祝いの言葉を頂戴したが、実感など湧くはずもない。

とにかく行事日程をこなすつもりで急いで上京をしたのである。

「無事に会場へ行けるのか?」それも心配だった。

しばらく歩いてホテルを発見し、持っていたパンプスに靴を履き替えた。

それが精一杯のおしゃれである。

祝賀会の会場はひたすらに大きく、皆立食である。

開会の言葉から始まり、審査員の先生方のご紹介があり、その後外部審査で審査に当たられた先生方の御講評をいただく。

私は、自分のドリンクを手にするのが精一杯だった。

食事も、ホテルの壁面には日本料理・中国料理など、いろいろな種類の料理が出されている。

私は蕎麦コーナーに並んだが、蕎麦はあっという間に無くなってしまった。

周囲の熱気には、圧倒されるばかりである。


二次会は、青山の方へ車で移動した。

履いていたパンプスは、簡単にスニーカーに履き替えてしまった。

ドレスとスニーカーはいかにも不似合いだっただろうと思う。

二次会では入選者の自己紹介があり、幹部の先生方からも温かいお言葉を頂戴した。

周りの方々の励ましの言葉に、何よりも感動した一日だったと思う。


2日は、日展の開会式。

国立新美術館の会場で私たちは開館を待った。

1室から順序よく作品を拝見し、一つ一つの作品の筆触を味わうのだが、会場は思いの外人口密度が高く、簡単には前に進めない状態だった。

「都会の文化レベルは頗る高く、その人数も計り知れない・・・。」と改めて思う。

来場者の作品鑑賞時間は頗る長い。

書作品の展示スペースだけでも、たっぷりと2時間はかかる。

しかも写真撮影が可能になったためか、華やいだ着物姿で作品と写真を撮られている様子も見られ会場は熱気に包まれていた。

この日は母と娘を伴い自分の作品を探したが、作品はなかなか見つからないほど会場は広かった。

ようやくガラスケースの中に小さく鎮座している自分の作品を見つけたら、母は喜んでくれた。

母は高齢なので、後にも先にも日展会場へ連れて行くことができたことは、何よりも良かったと思う。


3日目は、創玄書道会の現代書展と、日展入選者の合同祝賀会があった。

品川に行き、その日も夜の帳が降りるまで酒宴は続いた。

若手のエネルギッシュな作品を鑑賞し、たくさんの刺激をいただいた。
移動中は忘れ物をしたり、ハプニングの連続だったが、東京は気温も高く十分に暑かった。

周囲の人たちは「寒い寒い。」と言っていたが、私には汗だくの毎日だったのである。

そして反省した。
「パンプスの耐久時間をもっと長くするためには・・・足を鍛えねばならない・・・!」
  



 2018日展 - 「さあ、鑑賞だ!。」 
「さあ、鑑賞だ!。」

 2018日展 - 陳列の様子 
陳列の様子

 2018日展 - 「どの作品もすごい練度だね。」 
「どの作品もすごい練度だね。」

 2018日展 - 日展受賞者の掲示板 
日展受賞者の掲示板

 2018日展 - 懇談会会場にて 
改組新 第5回日展第五科書入選入賞懇談会会場にて

 2018日展 -  
 作品を拡大  ※別ウインドウで開きます。

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣  2018年  改組 新 第5回 日展
                    ┗  2002年    第34回 日展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ