表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある

第53回 弘玄展 会場スナップ

会期 … 
会場 … 中三 弘前店 8階 スペースアストロ
     (青森県弘前市土手町 49-1)
主催 … 弘玄書道会 (代表 米澤小蘭)

「 第53回 弘玄展 」 へようこそ


弘玄書道会の社中展「第53回 弘玄展」は、1月2日(水)から4日(金)まで、弘前中三8階のスペースアストロで開催された。

前年の10月21日(日)には錬成会が始まり、会議で係分担を決定。
新聞社や業者への水面下の活動が始まった。

作品が出揃ったのは、11月17日(土)。

みんなで作品の原文を照合し、一字一句を確認後、初めて表具店へ作品を手渡すという入念な指導体制である。

東奥日報社には、西谷昇仙氏・陸奥新報社には、松遊絲氏に原稿も依頼した。

係分担がしっかりと為されたため、副責任者の日村隆子さんにはマスコミ関係を、芳賀さんには祝賀会を担当していただいた。

会場や展示準備には、玉田春岱さんに協力を頂き、「全員が動く」という準備体制のおかげで、私も無事に責任者という大役を終えることができたと思っている。

作品の搬入は12月28日(金)だった。
この日は今年一番の寒波が襲来し、気温もマイナス8度まで下がるという悪天候だった。

電車も止まるのではという天気だったにもかかわらず、29人の会員が会場に駆けつけてくれたのを見たときは、本当に感謝の気持ちで一杯になった。

出品総数は61点。
会場のレイアウトはあらかじめ玉田さんを筆頭に、係の皆さんが壁面計算で作品展示をシュミレーション。

まずは設計図通りに作品を仮置きすると、ここからは、代表の米澤小蘭先生や、副代表の山本則子先生・長利紫虹先生の登場である。

今までのんびりとしていた先生方の眼が厳しく光り、展示の微調整が始まるのである。

「この作品とその作品は合わないよ!」

「その作品は取り替えよう!」「数が多すぎる!」と言われる度に私達は額を持って行ったり来たり…。

あっという間に、時計は3時を回ってしまった。
休憩では「川越のお焼き」と「瑞々しい林檎」が欠かせない。

ここで力を蓄えて、再び展示の仕上げに入るのである。

中三展示スタッフである花組さんがやってくると、展示もクライマックスである。

照明や看板も微調整。
名札を整えて準備完了。
長かった作業も、皆の協力で5時には、すべて終了することができた。

1月2日(水)〜4日(金)は、比較的穏やかな気候に恵まれ、気温も2日目には3度まで上がるほど暖かく感じられる毎日だった。

書道展初日の2日は、いつもの新年会に加えて、今年は西里俊文さんの毎日書道顕彰受賞祝賀会を併催し、東京からは、はるばる石飛博光先生や金敷駸房先生がお見えになり、青森県内の毎日書道会役員の先生方もお招きし、例年にない豪華な新年会だったと思う。

祝賀会では、スコップ三味線軍団が大活躍。

楽しい年の始まりとなった。

来館者数は3日間で460人。
今までに無いほどたくさんの方々に来て頂けたと思っている。

一年のこの期間だから会える遠方の友もいる。

普段会えないけれど、この場所で約束をする旧友もいる。

懐かしい人たちとの交友の場になろうとしている様子は、この展覧会が53年間の歳月を継続しているという歳月のなせる業であろう。

車椅子の方や杖をつきながらでも8階まで足を運んで下さる鑑賞者のためにも、弘玄展は存在し続けることに意義のある書展なのだということを改めて感じることができた。

皆の力で成し遂げたと感じる書展の充実感は、個人では味わうことのできないものである。

個人の力が高まる為にも、これからは会員皆が伸び伸びと成長でき、作品制作が楽しいと感じられるような環境作りを目指していこうと考えている。


題字 佐藤中隠



 2019 弘玄展 - 「高い所の展示は、展示スタッフの花組さんが手伝ってくれました。」 
「高い所の展示は、展示スタッフの花組さんが
手伝ってくれました。」

 2019 弘玄展 - 「この作品はここでいいかしら?」 
「この作品はここでいいかしら?」

 2019 弘玄展 - 「フロアのゴミもきれいにしましょうね。」 
「フロアのゴミもきれいにしましょうね。」

 2019 弘玄展 - 「やっと準備も整いました。」 
「やっと準備も整いました。」

 2019 弘玄展 - 「作品も丁寧に鑑賞して頂きました。」 
「作品も丁寧に鑑賞して頂きました。」

 2019 弘玄展 - 「釈文をじっくりと見ています。」 
「釈文をじっくりと見ています。」

 2019 弘玄展 - 「連日、お客様は途切れることが無く・・・。」 
「連日、お客様は途切れることが無く・・・。」

   2019 弘玄展 - 祝賀会には石飛博光先生が来弘し、挨拶を頂きました。 
祝賀会には石飛博光先生が来弘し、
挨拶を頂きました。
 2019 弘玄展 - 「フロアは所狭し・・・。うれしい悲鳴でした。」 
「フロアは所狭し・・・。うれしい悲鳴でした。」


先頭行へ先頭行へ

わたしの出品作は、弘玄展 の出品作 4 でご覧いただけます。


ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                   ┣  2019年 第53回 弘玄展
                   ┣    2018年 第52回 弘玄展
                   ┣    2017年 第51回 弘玄展
                   ┣    2016年 第50回記念 弘玄展
                   ┣    2015年 第49回 弘玄展
                   ┣    2014年 第48回 弘玄展
                   ┣    2013年 第47回 弘玄展
                   ┣    2012年 第46回 弘玄展 1 2
                   ┣    2011年 第45回記念 弘玄展 1 2
                   ┣    2010年 第44回 弘玄展
                   ┣    2009年 第43回 弘玄展 1 2 / 『今まで、そしてこれから…展』
                   ┣    2008年 第42回 弘玄展 1 2
                   ┣    2007年 第41回 弘玄展 1 2
                   ┣    2006年 第40回記念 弘玄展 1 2
                   ┣    2005年 第39回 弘玄展
                   ┣    2004年 第38回 弘玄展 1 2
                   ┣    2003年 第37回 弘玄展 1 2 / 弘玄書道会 企画展 −師・佐藤中隠を書く−
                   ┣    2002年 第36回 弘玄展 1 2 / 女流展
                   ┣    2001年 弘玄書道会 創立35周年 記念展 / 女流展 / 第40回 青森県小中学校書初め展
                   ┗    2000年 第34回 弘玄展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ