表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道展情報の下層にある

青森県高等学校書道教員の書展 第43回 心聲会書作展 会場スナップ

会期 … 
会場 … 協同組合タッケン美術展示館
     〔青森市民美術展示館〕 (青森市)
主催 … 青森県高等学校教育研究会 書道部会

「 第43回 心聲会展 」 へようこそ


第43回心聲會展は、1月11日(土)・12日(日)の2日間、青森市のタッケン美術展示館で開催された。

会場の前には、青森市を代表する神社「善知鳥(うとう)神社」がある。

駐車場は、合格祈願を目指す受験生や保護者の方々が沢山参拝に訪れていて、常に満車状態だった。

心聲會展の初日の目玉は、先生方の席上揮毫会である。

3人の先生方が、会場で臨書や創作の作品の数々を披露してくれる。

丁寧にじっくりと筆を走らせる光景は、息を飲むほどに素晴らしいものだった。

11時から開始し、なんと2時間余りもの間、席上揮毫は続いていた。

暖冬とはいえ、青森市は雪。

路面にさほど雪はないが、客足は遠く、もっと沢山の方々に鑑賞をして頂きたいほど素晴らしい時間だった。


2日目は、部会長が大筆を披露。
席上揮毫会は続いていた。

部会長は、文字の構成や筆法を、時に指名を交えながら解説。

1階の会場には、いつの間にか、たくさんの揮毫作品が展示されていた。

会場の作品は、県内の高等学校で書道を担当する教員を中心に、退職された先輩や有志の方々も参加し、それぞれの思想や書風を越えて、ともに学び合う活動の場として、毎年青森市・八戸市・弘前市の3市で開催されている。

年々退職者が増える部会ではあるが、43年の歳月を継続できたことの意義は大きい。

若者が育っている部会なので、是非錬成の場としてこれからも活躍して欲しいと思っている。
  



 1階 席上揮毫会場の様子 
1階 席上揮毫会場の様子

 過去の図録には、大先生の作品も拝見することができます。 
過去の図録には、大先生の作品も拝見することができます。

 作品の批評を相互に行ってもいます。 
作品の批評を相互に行ってもいます。

先頭行へ先頭行へ



ご覧いただき、ありがとうございました。


       書道展情報 ┳ 書道展開催情報 ( 北海道・東北 / 関東・甲信越 / 東海・北陸 / 関西 / 中国・四国 / 九州・沖縄
                ┗ 書道展会場スナップ
                    ┣  2020年 第43回 心聲会展
                    ┣    2018年 第41回 心聲会展
                    ┣    2017年 第40回 心聲会展
                    ┣    2014年 第37回 心聲会展
                    ┣    2013年 青森県高等学校教育研究会書道部会・青森県書写書道教育研究会 研究大会
                    ┣    2012年 第35回 心聲会展
                    ┣    2008年 第31回 心聲会展_1 / 2
                    ┗    2007年 第30回 心聲会書作展


表 紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項 
「鎌田舜英の書の展示室」 の表紙に戻ります

先頭行へ先頭行へ